加藤洋子の一覧

「加藤洋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/22更新

ユーザーレビュー

  • 戦場のアリス
    こちら「おすすめ文庫王国2020」の第1位。
    それを見た時からずっと読もうと思っていたのだけれど、650余頁の厚さに躊躇したまま1年以上経ってしまった。
    買った後も暫く積読していたが、この前に読んだ「革命前夜」に触発されて、引続きヨーロッパの話にしてみる。

    1915年に始まるイブの話と1947年の...続きを読む
  • 夜ふけに読みたい神秘なアイルランドのおとぎ話
    なぜか海外の神話、おとぎ話は翻訳が直訳だったり、雰囲気をだすためか古めかしい文体だったりして、読みにくいことが多いため、あまり期待していなかったが、失礼しました!すごく読みやすく、面白い。ケルト、北欧系の神話が好きな方には絶対ハマると思う。ヨーロッパのファンタジーは。こういったストーリーが各地で残さ...続きを読む
  • 戦場のアリス
    主要登場人物の多くが実在していたと訳者あとがきで知った。第一次世界大戦中のアリス・ネットワークと第二次世界大戦直後の世界が描かれる。
    シャーリー、イヴ、フィンの3人のキャラが堪らなくいい。安心して読めた。
  • 戦場のアリス
    好きなセリフ「飢えは思考を研ぎ澄ます」
    スパイの心意気がカッコいい。
    心を隠し演じて騙し、相手の表情の揺らぎを読む。スリル感はスパイ小説ならでは醍醐味。

    第一次世界大戦下フランスへ、ドイツ軍の情報を得るためにスパイとして派遣されたイヴ。イヴは、ドイツに協力する暴利商人ルネ・ボルデロンの元でウェイト...続きを読む
  • 戦場のアリス
     女同士の真の友情は無いとも言われるが、この小説の中では第一次世界大戦でフランス軍のスパイとして活躍したリリー、イブの真の友情と第一次世界大戦で全てを失ったイブと第二次世界大戦で大切な人二人を失ったシャーリーの間の真の友情、硬い絆が確かめられる。
     リリーとイブは、女性に能力などないと信じられている...続きを読む