「高尾滋」おすすめ作品一覧

「高尾滋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高尾滋(タカオシゲル)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1975年02月15日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:マンガ家

1996年『人形芝居』が第240回花とゆめまんが家コース優秀賞を受賞。同年『不思議図書1998年に第23回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。代表作は『てるてる×少年』、『ゴールデン・デイズ』など

作品一覧

2017/10/20更新

ユーザーレビュー

  • マダム・プティ 10巻
    Neelamの従妹であるTara王女が意外に面白くて好感が持てます。
    彼女は父は王なのに母の身分が低いから自身も頭が悪いと思ってしまっていて哀れです…。
    Padmaの母Kṛṣṇaの姪でもあるのですが叔母に似ず心から安堵しました。

    万里子はNeelamが王子で一妻ではなく多妻で妻を娶るのは国の義務で...続きを読む
  • てるてる×少年 11巻
    久しぶりに本を読んで泣きそうになった。
    「もうやめてくれ これ以上俺から奪らないでくれ」と、取り乱しているのを見て、義人が好きになってしまった。
    松子さんが生き延びると、記憶違いをしていたのでショックだった…。
  • てるてる×少年 8巻
    いーなー左介のお姫様抱っこ。ていうかやっぱりしの姫と左介の関係がときめくんですが…。恋愛感情を挟まない主従も良いということかな。確か次の巻も左介の好きなシーンある。
  • いっしょにねようよ 2巻
    この巻だけじゃないけれど、春香と古白が同じ髪型をしているのがすごく可愛い。
    古白の子供時代が…。寂しすぎる。
  • ゴールデン・デイズ 1巻

    一巻は全巻読破のフラグ

    久々に、最高でした。こんなに続けて、淡々と、何シリーズも名作を描き続けられる漫画家は、他には高橋留美子くらいだと思います。高尾さんの漫画は人形芝居やディアマインも好きだったけど、これが一番かも知れない。読み終わって何日か経ちますが、余韻が抜けません。繰り返します、最っ高でした。