不思議図書館 ~高尾滋作品集~
  • 完結

不思議図書館 ~高尾滋作品集~

作者名 :
通常価格 669円 (609円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「不思議図書館」から「散らない花」までを発表順に構成した、高尾滋珠玉の名作読切集です。確かな筆致で定評のある作者の、妖しく綾なす物語が、不思議な空間にいざないます。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
花とゆめ
ページ数
330ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
49MB

不思議図書館 ~高尾滋作品集~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月29日

    心が温まる作品がたくさん。
    モナリザとあじさいの庭、彼方からの手紙は泣きそうになっちゃったり…笑 やられました。
    あとがきも素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月16日

    高尾さんの作品を読んでいる時に感じるこの気持ちはまさに「愛おしい」ってことなんだと思う。

    いわゆる少女漫画的な意味でのハッピーエンドを作中で迎える話はひとつもないんだけど(今後きっとそうなるんだろうなと想像できるものはあれど)、読後感は悪くなくて。
    短い中でも心にやさしい何かを残していく、そんな物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月28日

    高尾さんの初期の短編集。
    短い作品もしっかり印象に残る。絵は随分変化しているけどどちらも魅力的です。
    「あとがきにかえて」も秀逸。

    個人的に好きな作品は「素顔の風景」「あじさいの庭」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月29日

    私のバイブル。
    どの作品も面白くて高尾先生にしか描けない作品。
    たった12Pしかない作品もあって12P内でキレイに纏めて読者の心に何かを残してく先生ってすごい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月20日

    ファンタジーものだったら高尾さんの右に出る者はいない気がする
    繊細で素直な絵柄と相まって素晴らしい作品です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月12日

    ほんわか切ない、ちょっとシビアな作品集。高尾滋はほんと天才だよね…はふぅ…
    表題作含め、収録作品のほとんどはすでに持っていたのですが、読んだことのないお話があったので思わず買っちゃいました。
    青春期における、少年少女と人外との心温まる交流がつまってます。

    チラッとだけ百合っぽい描写があるので、苦手...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月13日

    高尾滋さんの短編集。温かかったり、胸が締め付けられたりするすてきな物語の数々が収録されています。私が昔好きだった作品も沢山収められていて宝物のような1冊になりました。特に好きなのは「スロップマンションにお帰り」「あじさいの庭」「彼方からの手紙」。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月07日

    高尾さんの作品が初めての方にはすごく良い短編集だと思います。とくに「スロップマンションにお帰り」と「あじさいの庭」はオススメ。この短編集がツボにハマれば、他の作品も楽しめるはず!
    でも、全巻持っている方にはあまり…。わたしは書き下ろし目的で買いましたが、後書き替わりの書き下ろしなので、凄くささやかで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月15日

    既読だったんですが懐かしさに負けた(笑)「モナリザ」好きだなあ。「スロップマンションにお帰り」の切なさもすごい好き。書き下ろしもよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月27日

    高尾さんの初期作品短編集。高尾さんの作品はどれも温かくて切なくて詩的で、大好きです!甲乙付けがたいけど、一番印象に残ったのは、『素顔の風景』の第3話。今の自分の心境に近い話だなあ・・・と。本当にいやみのないエールをもらえました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています