忘れ雪の降る頃 高尾滋作品集
  • 完結

忘れ雪の降る頃 高尾滋作品集

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ひとつ年上の彼・英司に別れを切り出された雪子は失意の真っ只中。そんなある日、2人は深夜の高校で「学校の七不思議」に遭遇し!? 高校生カップルのファンタジックな体験を描いた表題作ほか、「帝都南天隊」「デイジー・トリック」の2作品(1998年作)を同時収録した珠玉の作品集!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
別冊花とゆめ
電子版発売日
2015年03月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

忘れ雪の降る頃 高尾滋作品集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月03日

    「珠玉の作品集」の唱いに相違無し。高尾滋の持ち味のひとつである短編(読み切り)を連ねた作品集。懐かしい絵柄の作品も収録されており、ファンとしては二度美味しい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月05日

    短いお話が詰まった一冊。表題作でもあるひとつめのお話が好きだなあ。えっちゃん先輩が無条件でかっこいい。でもそれだけじゃなくて、彼なりの葛藤が少しみえて、いいなあと。この短さだからいいのかもしれないけど、もうちょっと二人についての情報をわたしは知りたかった。最後のお話も、なんだか素敵。結果的なことを言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月26日

    どの作品もとても好きです。「帝都南天隊」なんかは、続編ができてもいいんじゃないかと思いました。
    高尾滋さんは、言葉を丁寧に使っている感じがします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月16日

    忘れ雪の降る頃
    帝都南天隊
    デイジー・トリック

    三つの作品集。
    高尾さんの作品は、説明がすくないから一回目じゃうまく飲み込めないことがあるんだけど、そのぶん何回も読みたくなるし、読みたびに発見があったりする。
    帝都南天隊は怪奇現象のお話で、三話ある。読みごたえのせいかこれが一番すき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月27日

    ああ…やっぱり好き、高尾滋!!今回はずいぶん前の作品をまとめた短編集です。でもあまり古さを感じないかも。表題作「忘れ雪の降る頃」、先輩にときめきます。絵は甘いのに作品全体に流れる雰囲気は甘くないところが好き。もうすぐ連載の新刊も出るそうなので楽しみです♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月25日

    読み切りと短期連載を含む作品集。
    高尾滋の作品が好き。
    派手ではないけれど、落ちついてて切なくてちょっと懐かしい。
    「帝都南天隊」が特に好きです。昭和初期の感じとかいいな、って思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月06日

    高尾滋さんのちょっと昔の短編を集めた作品集。忘れ雪の降る頃、帝都南天隊、デイジー・トリックの3編が収録されています。
    10年以上前の話とかあるので絵柄が今とずいぶん違いますが、これはこれで好き。忘れ雪の降る頃とか話が結構好き。高尾さんらしい話が詰まった素敵な短編集だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月25日

    久しぶりにきゅんとした。弾けるより、ひたすらに優しくて純粋な気持ちをやわらかーく描いていってほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月03日

    ラストに収録されてる「デイジー・トリック」がこの作者を読むきっかけだったなーと懐かしく。ずっと収録されないからあれは幻だったのかと思い始めてた頃だったので良かった(笑)平成10年の作品だったのねー。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年12月13日

    やっぱりディアマインや初期の絵も好きだなあと思った。
    言葉選びや表現の魅せ方がいい意味で変わらなくてほっとする。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています