三木俊哉の一覧

「三木俊哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/01/24更新

ユーザーレビュー

  • LOONSHOTS<ルーンショット> クレイジーを最高のイノベーションにする
    正直言って、ものすごく読みづらい本!(そして、そこそこ分厚い)
    話が章ごとに、まったく違うことを語っていく。
    ・ルーンショットとは誰からも相手にされないバカげたアイディア
    ・バカげたアイディアを潰されないようにどう守るか
    ・既存モデルを守るだけでは絶対に衰退する
    ・水と氷の平衡状態が大事
    ・アーティ...続きを読む
  • LOONSHOTS<ルーンショット> クレイジーを最高のイノベーションにする
    イカレタアイデアを大事に育てる組織にすることは、思いのほか難しい。予算の構造から見直さなければならないし。予算実現の近道はフランチャイズだから。カギはR&D。
  • LOONSHOTS<ルーンショット> クレイジーを最高のイノベーションにする
    アイデアグループと作業グループを分離すること。
    2グループの綱引き状態にすること。
    意思決定プロセスを反省すること。
    インセンティブを最適化すること。
  • GRIT(グリット) 平凡でも一流になれる「やり抜く力」
    やりたいことをしっかりと見据え、ある意味、才能より(あったほうが当然いいけど)努力と根性論(笑)で頑張れ、的にも読み取れる内容です。簡単な記載で読みやすいので、若い人が読んでも感じることがあるんじゃないか、と思う。自分の夢は、というのを考え直す良い機会になる。
  • LOONSHOTS<ルーンショット> クレイジーを最高のイノベーションにする
    間違いなく斬新で面白い本だが、少し表現が冗長すぎて途中で読むのが面倒くさくなる箇所もあり。米倉誠一郎氏の解説が的確で必読。
    ただ、今の日本の状況でルーンショットを温かく見守れる度量と器量のある会社は存在しないなあ。あってもトヨタぐらか。所詮サラリーマンが経営する大企業では無理な話か。