公手成幸の一覧

「公手成幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:公手成幸(クデシゲユキ)
  • 性別:男性
  • 職業:翻訳家

『蘇るスナイパー 』などの作品を手がける。

作品一覧

2020/03/18更新

ユーザーレビュー

  • 狙撃手のゲーム(下)
    スティーヴン・ハンター『狙撃手のゲーム(下)』扶桑社文庫。

    現代最高峰のスナイパー・アクション冒険小説シリーズ。解説によれば、いつの間にか第15作目ということだ。大昔からのファンとしては、この先もずっと続いてほしいシリーズである。

    手に汗を握り、血沸き肉踊る展開が続く。年齢を全く感じさせないボブ...続きを読む
  • 狙撃手のゲーム(上)
    スティーヴン・ハンター『狙撃手のゲーム(上)』扶桑社文庫。

    現代最高峰のスナイパー・アクション冒険小説シリーズ。

    凄腕シリア人スナイパー『ジューバ・ザ・スナイパー』対72歳のボブ・リー・スワガーなんて、これは最後まで目が離せないゾ。

    相変わらずのスティーブン・ハンターの銃火器オタクぶりが光る。...続きを読む
  • 第三の銃弾(下)
    【上下巻のレビュー】
    あのボブ・リーが20世紀最大のミステリー「JFK暗殺」に挑む!

    「JFK暗殺」といえば陰謀説の枚挙にいとまがないが、銃器に詳しい作者ならではの視点から導き出した答えは(小説としての脚色はあれど)何とも説得力のあるものに仕上がっている。それしてもまさか傑作『極大射程』と「JFK...続きを読む
  • スナイパーの誇り(下)
    前作「第3の銃弾」が上手いことツボにはまったのか、同じ路線で来ましたね。
    今度は第2次世界大戦時のソ連のスナイパー、愛称「ミリ」、恐るべき狙撃技術から「白い魔女」と呼ばれた女性が第2の主役。
    歴史に埋もれた最後の狙撃が今、スワガーに依って白日の下に晒される。
    導入部はいいです。スワガーの事件の関わり...続きを読む
  • スナイパーの誇り(上)
    アメリカ軍の天才スナイパー、ボブリースワガーシリーズ。
    今回は60を越えたスワガーが旅をする話。
    ある日、1944年にロシアで活躍した天才女性スナイパーを追いかけるジャーナリストから連絡が来て、興味をそそられたスワガーはかつてのスナイパーの足跡を追いかけ始める。

    物語はそれと平行して1944年のス...続きを読む