狙撃手の使命

狙撃手の使命

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

サウジアラビアとイスラエルの平和条約調印が行なわれる英国の古城がミサイル攻撃された。その直後、ある男がロシアと組んで、クーデターを企む。石油を狙って中国も動き出した。折しもサウジ国内に核ミサイルが五基あることが判明、カイルはクーデター阻止と核ミサイルの無力化に向かうが、行く手には宿敵が!/掲出の書影は底本のものです

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫NV
ページ数
512ページ
電子版発売日
2014年08月15日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

狙撃手の使命 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月15日

    サウジアラビヤという国家は、中東にある世界最大産油国であることは知っていても、その国がどんな風土や庶民の暮らしがどのように営まれているかなどほとんど知らない。同じ中東でもドバイはエミレーツ航空が直行便を飛ばし、かなりの情報が流通していることと比べてみてもかなり閉鎖的と言えるであろう。そもそも、日本か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年11月11日

    スナイパー カイル・スワンソン シリーズ第3作目。

    多岐にわたるスナイパー任務のうち、航空機への
    目標指示が見どころ。
    公式には「戦死」したとされているはずなのに、
    誰彼構わずカイル・スワンソンと名乗りまくるのは
    いかがなものかと思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています