「ディケンズ」おすすめ作品一覧

「ディケンズ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/26更新

ユーザーレビュー

  • 二都物語
    新潮文庫では、佐々木直次郎訳→中野好夫訳→加賀山卓朗訳(本書)と、3つの版が出版されてきたが、本書は非常に丁寧な良訳で感動した。

    特にカートンの言葉づかいがすごく良い。彼の話す一言一言に、彼がどんな人間かがにじみ出ている。カートンの登場場面はいつでも胸がつまった。

    あとがきを読むと、原文の構成や...続きを読む
  • 二都物語
    物語に入り込むまで大変ですが、入り込んだ後は最後まで一気にいけました。伏線の張り方が上手で、この人物はここで、あそこで繋がっているんじゃないかという予想をするのがとても楽しかったです。
    この長い物語は「あの人物」のためにあったのだなと最後まで読むと分かります。でも、他の人物達も皆魅力的で誰視点で読ん...続きを読む
  • クリスマス・キャロル ─まんがで読破─
    ディケンズのクリスマス・キャロルのまんが版です。
    ばあばがコドモに買ってきてくれました。
    感じにふりがなが入っていないので、ちびっこには難しい…かな?
  • 二都物語(下)
    「自由、平等、博愛、さもなくば死!」血みどろのフランス革命。当時の空気ってこんな具合だったんだなあ。気が触れてしまったかのような大衆の熱狂が伝わってきてゾッとした。この狂乱の雰囲気を体感しただけでも読む価値があったと思う。もちろんストーリーも面白い。最後のシーンは別格だった。神聖な輝きが溢れていて、...続きを読む
  • 二都物語(下)
    ストーリーは良かった。特にラストシーンには、甚く胸を打たれた。
    翻訳に関してだが、信頼を置いている池央耿氏の訳という事で楽しみにしていたのだけれど、相変わらずよく言葉を知っているなあと唸らされはしたものの、本著では些か衒った言葉遣いが鼻についた。文章もかなり難しく(抑々近代文学であるから当然と言えば...続きを読む