「ルイス・キャロル」おすすめ作品一覧

「ルイス・キャロル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 新訳 ふしぎの国のアリス
    挿し絵が可愛くて何度も何度も読み返したくなる『新訳 ふしぎの国のアリス』。
    子供でも手に取りやすいお手頃価格!
  • 不思議の国のアリス
    何度読んでも頭に入らない内容。
    だからこそ何度も楽しめているのだが。

    テニエルの不気味なイラストもすばらしいが、やはり金子国義のイラストは一級品!
    もっともっとイラストがほしい!

    言葉遊びの面は、よくわからず。
    (矢川澄子の訳はいいと思うけど)
    ただびゅんびゅんと流れていくイメージの...続きを読む
  • 少女への手紙
    誰かの親密な手紙を盗み見る後ろめたさと愉しみ。
    ルイス・キャロルの少女への執着を一概にロリータ・コンプレックスでしかないとは言い切れないし、無関係とは言えない。
    彼が、少女が相手の時だけ堰を切ったように語り出す、奔放な想像力が産んだ言葉の遊戯をばかばかしいような切ないような気持ちで読んだ。
  • 少女への手紙
    19世紀イギリス、
    数学者にして聖職者、童話作家でもあった
    手紙魔ドジソンおじさんが
    いたいけな乙女たちに書き送った、
    愛と優しさとユーモアと、
    ちょっぴりビターな毒を含んだラヴレター集。
    但し、あのアリス・リデル宛ての手紙は無し。
    至近距離で暮らし、頻繁に顔を合わせていたのだから
    当然と言えば当然...続きを読む
  • 不思議の国のアリス
    さすがアリス。
    アリスに興味を持ち、原作が気になり購入。
    もうとにかくファンタジー。話があっちいったりこっち行ったり、途中で読者が置いてきぼりになる感じ。
    でもそれもアリスだからこその世界ってかんじで楽しかった。
    ぜひ続編の鏡の国のアリスも読もうと思う。