「日高敏隆」おすすめ作品一覧

「日高敏隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/20更新

ユーザーレビュー

  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    【動物と過ごす喜びと犠牲】
    動物と暮らすという覚悟とはこういうことだ! ということがひしひし伝わるエッセイ。

    動物学者の著者の目を通した動物行動の面白さは言うまでもなく、動物を観察するための狂気じみてるような努力も読みごたえあり。思わぬものに夜中叩き起こされる羽目になったり、ご近所からヤバい目で見...続きを読む
  • 生物から見た世界
    生物学って実は面白いのではないか!読んでいて、ワクワクするのだ。生物から見た世界が活写されている。DNAなど分かってない時代にだ。生物の機能だけに着目するのではなく、相互作用に注目するとこんなにも世界観が変わるのだ。
  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    動物行動学という分野の学問を拓き、ノーベル賞を受賞した研究者による動物の本。オーストリア在住で1930-1940年代に活躍したらしい。
    著者は魚類や鳥類、哺乳類まであらゆる動物を飼い、様々な実験などを通して動物たちの行動や習慣を観察した。その観察記録やオリジナルな考察は面白く興味深かった。
    最後の章...続きを読む
  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    学者として動物に向かう姿勢が好きだ。
    勿論今の研究で違う仮説が立ったもの、解釈違いだと言われていることもある。でもそこを責めるべきものではないと私は思う。
    科学は初めて誰かが何かをやったり言ったりして、それを踏み台に発展する。その初めてをやるのは絶対向い風激しく、手探りで苦しく、誰も正しさを教えてく...続きを読む
  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    これはすごい本。

    エピソードの何%が思い込みなのか正確にはわからないけど、彼並みに動物の行動と"心"を深く適切に読める人はほとんどいないだろうし、彼が時間をかけて読み取ってくれた"動物の家族"の行動から、気づかされることも多い。

    生き物を姿を"本当に詳しく"みる事はとても贅沢なことだとわかる一冊...続きを読む

特集