日高敏隆の一覧

「日高敏隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/05/08更新

ユーザーレビュー

  • 世界を、こんなふうに見てごらん
    ヤンデルさんのヨンデル選書にて購入。科学リテラシーなんて言葉すら吹っ飛んじゃう、本質的なものの見方。若い人向けかもしれないが、50過ぎのオッサンにもグサグサ刺さりました。
    解説が素晴らしい、それ以上の感想がないくらい。
  • 生物から見た世界
    ユクスキュルは動物が知覚し作用する世界がその動物にとっての環境であると考え、それを「Umwelt(環世界)」と呼んだ。
    たとえば、虫を捕えて食べるトリは、動いている虫に反応する。動いていない虫には反応しない。トリは動かない虫に気づかないのではなく、動かない虫はトリの世界に存在していないのだ。虫が動い...続きを読む
  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    『はだかになり野生に帰って、野生のガンたちの群れの社会に溶け込み、ドナウの堤であるきまわったり泳いだりするのが、私の研究の本質的な部分を占めていた。なんと幸福な科学だろう』(P170)

    著者のコンラート・ローレンツは、オーストリアの動物行動学者。
    動物とともに生活し、刷り込みなどの研究を行い、ノー...続きを読む
  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    高校生の時に、生物の先生に薦められて読みました。
    動物の行動学とか全く興味なかったし、そんな内容の本とは知らずに手に取りましたが、とても面白い内容でした。

    研究者とはいかなるものか、観察とはどうするものかが分かります。
    お勉強の本ではなく、タイトルの通り、動物と対話するため本です。
    作者の動物を観...続きを読む
  • ソロモンの指環 動物行動学入門
    動物行動学を創始した学者の、動物に対する愛情にあふれたエッセイ的な行動学入門書。このテのもので一番有名な一冊にして、この分野に興味がある者に必読の書である。