横田順彌の一覧

「横田順彌」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/04/16更新

ユーザーレビュー

  • 快絶壮遊〔天狗倶楽部〕 明治バンカラ交遊録
    早稲田出身者を核にして集まったバンカラ集団『天狗倶楽部』を中心に据えて交遊録を纏めると、これほどまでに明治の著名人に裾野が広がるとは! と驚く一冊。
    明治期に活躍した文学・芸術関係者は元より、実業家にスポーツ関係者、果ては冒険家と、「友達のルートを辿るとこことあそこに接点が!」、「この二人にはこんな...続きを読む
  • わがはいは中村春吉である。 : 自転車で世界一周無銭旅行をした男
    すごい男がいたもんだ!
    児童書だからすぐ読み終わってしまったけど、大人向けに書いたら長編の面白い冒険譚かドキュメンタリーになりそうです。
    狼の大群に襲われたり、行き倒れかけたり、本当によく生きて帰ってこられたものだと思います。
    夜、寝る前に子供に読み聞かせたのですが、子供たちもとても楽しんで、感心し...続きを読む
  • 大聖神
    中村春吉秘境探検記「幻綺行」に続くシリーズ初の長編。素晴らしいのは、装丁の見事さ。パラフィンフィルムの破れ具合やしわのより方、新刊なのに古書に見える装丁の凝り具合に感動。SF用語を排しているのに、内容はSFであり、主人公の中村春吉のバンカラぶりが面白くて一気に読めた。併録の「自転車世界無賃旅行者 中...続きを読む
  • 〔天狗倶楽部〕快傑伝 元気と正義の男たち
    横田順彌氏の明治ものをいくつか読んでみて、ノンフィクションも読んでみようと手にとった。昨年のNHK大河ドラマに登場した天狗倶楽部を研究した本。第一部は銘銘伝の形で中心メンバーを紹介している。私は、バンカラという言葉の意味を改めて認識した。、スポーツ愛好だけでなく、その後の酒盛りがものすごく、酒の上の...続きを読む
  • 快絶壮遊〔天狗倶楽部〕 明治バンカラ交遊録
    明治・大正期に一世風靡したスポーツ社交団体「天狗倶楽部」の
    あらましと人物、交友関係、そして珍談・奇談を紹介。
    第一章 この人々も小説家だ  第二章 痛快男子 押川春浪
    第三章 ある少女小説作家の快挙!  第四章 消えた純文学作家
    第五章 吉岡・窪田の共著『運動界之裏面』
    第六章 漱石のユーモア  ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!