「鎌田東二」おすすめ作品一覧

「鎌田東二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/28更新

ユーザーレビュー

  • 原子力と宗教 日本人への問い
     玄侑宗久師の見識と、鎌田東二氏の組み合わせは、原子力の問題について、仏教、神道の立場から、どちらも自然を重視した見解が展開されていた。
     現政権や原発推進論者の問題がよく見えてくる。原発は原爆と不可分であることも言及されていた。
  • 神と仏の出逢う国
    11/07/01。
    国学を単純に近代の天皇制国家と結びつけて考えないこと。
    日本文化の基層にあるものを明確に捉えること。
  • 霊性の文学 言霊の力
    鎌田東二といえば、右翼チックとか政治的ではない神道をこの日本に浸透(?)させようと、エネルギッシュな行動力を発揮して八面六臂の活躍をしている人という印象が強かったのですが、
  • 神と仏の出逢う国
    日本の宗教と文化に関する入門書ともいえる本。
    本当にわかりやすくかいてあるから
    大学生、高校生でもばっちりよめる!

    留学にいく、海外へいくすべての人、
    帰国子女にぜひ読んでほしい本。
    日本文化って?あなたの宗教は?って問いに
    答えられるようになる一冊。
  • 神道とは何か 自然の霊性を感じて生きる
    神道を高校生にもわかるようにというコンセプトで書かれた本。
    実際は大学生以上のほうがわかる気がする。

    大半が神仏混合についての話になっている。
    太平洋ネットワーク内の神道といった視点が面白く、
    他にも、
    神は来るもの、仏は往くもの
    神は在るもの、仏は成るもの
    神は立つもの、仏は座るもの
    という考え...続きを読む