「朝倉宏景」おすすめ作品一覧

「朝倉宏景」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/07更新

ユーザーレビュー

  • つよく結べ、ポニーテール
    うわー、感動した。泣いた。
    プロ野球史上初の女子選手として入団した投手・鳥海真琴の物語。
    現在のプロ初登板を真琴の昔の恋人・龍也視点から。
    真琴の視点は10歳からプロ野球にドラフト指名されるまでを。
    二つの視点から交互に物語は進んでいく。
    女子ゆえの困難に多く晒されながら最終的に夢をつかむ真琴の生き...続きを読む
  • 白球アフロ
    著者の方が、野球のことをよく知っているということがよくわかる。真っ向から野球と友情を描いた一作。とても意外な終わり方だった。
  • マウンドの神様
    野球を愛する人気作家の野球を題材にした小説、エッセイを、集めた短編集。
    どの作品も作家の野球への思いや造詣が伝わってきて面白かった。個人的には「ひゃくはち」の著者早見和真の「あの日、監督がうなずいていれば、僕は-」が「ひゃくはち」の舞台となった高校、監督が登場していてツボだった。
  • つよく結べ、ポニーテール
    タクトくんとの再開。胸を張って投げていれば、きっとだいじょうぶ。お母さんの言葉。やりなさい。何を迷う必要があるの。夢が叶うんでしょう。マウンドに立つ真琴の姿を見てみたい。私、暴れてやるからね。さわやか、面白い。
  • つよく結べ、ポニーテール
    装丁の雰囲気、そしてタイトルの「ポニーテール」から、てっきり野球少女が主人公のジュブナイルだとばっかり思っていたら、とんでもない。読み応えのあるスポーツ小説だった。装丁とタイトルで損をしているとしか思えない。