山口瞳の一覧

「山口瞳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/11/22更新

還暦老人ボケ日記
  • ブラウザ試し読み

禁酒禁煙
  • ブラウザ試し読み

草競馬流浪記
  • ブラウザ試し読み

梔子の花
  • ブラウザ試し読み

結婚します
  • ブラウザ試し読み

結婚しません
  • ブラウザ試し読み

けっぱり先生
  • ブラウザ試し読み

月曜日の朝・金曜日の夜
  • ブラウザ試し読み

酒呑みの自己弁護
  • ブラウザ試し読み

新東京百景
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 小学館電子全集 特別限定無料版 『山口瞳 電子全集』

    昭和を代表する正当ユーモア文学

    こういう正統派が少なくなってきた今、希少な正統派。忘れかけている読書の楽しみをよみがえらせてくれる秀作。
  • 礼儀作法入門
    日本人は礼儀正しい。海外の人が感じる典型的な日本人像。この言葉に疑いを持つ現代人はいないだろう。でも本当だろうか?著者が強調する森鴎外の「礼儀小言」を読むと、その認識に不安がよぎる。小津安二郎の言葉の引用も強烈だ。品行と品性。本書を今読んでも新鮮に感じるのは、実は日本人の品性について、まだまだ考える...続きを読む
  • 礼儀作法入門
    堅苦しい礼儀そのものの説明ではなく、心持ちを教えてくれる一冊。意見はかなり偏っている部分もあるが、いちエッセイとして面白い。この本一冊読んだほうが形だけの礼儀を学ぶより全然良いと思う。
  • 旦那の意見
    エッセイの妙味もさることながら、川端康成論である「創意の人」および田中角栄論である「下駄と背広」はまさに秀逸。筆者の洞察力の深さをうかがわせる。
  • 江分利満氏大いに怒る
    元々は直木賞を受賞した小説のシリーズだったはずなのだけど、いつの間にか主人公たちだけが仮名で他は実名のエッセイになっている。
    いつだ?
    いつ小説からエッセイになったのだ?

    戦中派である山口瞳はもちろん、彼の息子ですら私より年上ではあるけれど、それでもここに書かれている昭和が、私の知っている昭和よ...続きを読む