山口瞳 電子全集1 『男性自身I 1963~1967年』

山口瞳 電子全集1 『男性自身I 1963~1967年』

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

32年間連載し続けた「男性自身」シリーズの記念すべき初回~212話までを完全収録。

収録作品は、「週刊新潮」に連載がはじまった1963年12月2日号の第1話「鉄かぶと」から、1963年12月30日号の第212話「女」まで、単行本から漏れた話も含め、連載掲載順に212話を完全収録。
付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」を寄稿。「庄助」名で、「男性自身」に度々登場した長男が、連載当時の山口家の様子や裏話、そして父への思いを綴る。また、盟友・柳原良平氏が描く山口瞳のイラスト原画も収録しています。
 「男性自身」の連載が開始した1963年と言えば、山口瞳、37歳。『江分利満氏の優雅な生活』で、第47回直木賞を受賞した年で、勤務先の寿屋が、サントリー株式会社に社名変更した年でもある。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
山口瞳 電子全集
電子版発売日
2016年12月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

山口瞳 電子全集1 『男性自身I 1963~1967年』 のユーザーレビュー

レビューがありません。

山口瞳 電子全集 のシリーズ作品 1~26巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~26件目 / 26件
  • 山口瞳 電子全集1 『男性自身I 1963~1967年』
    32年間連載し続けた「男性自身」シリーズの記念すべき初回~212話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」に連載がはじまった1963年12月2日号の第1話「鉄かぶと」から、1963年12月30日号の第212話「女」まで、単行本から漏れた話も含め、連載掲載順に212話を完全収録。 付録として、電子全集の総監修を務める、山口瞳の長男・山口正介が回想録、「草臥山房通信」を寄稿。「庄助」名で、「男性自身」に...
  • 山口瞳 電子全集2 『男性自身II 1968~1971年』
    「男性自身」のスタイルが確立した充実の213~418話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」1968年1月6日号の第213話「一年」から、1971年12月25日号の第418話「珍説競馬必勝法」まで、連載掲載順に206話を完全収録。 特に山口と同世代で親交のあった作家・三島由紀夫の死について、7回に亘って連載した「なぜ?」(365~371話)は、当時の世相も反映した必読の回である。 付録として、電子全集の総監...
  • 山口瞳 電子全集3 『男性自身III 1972~1975年』
    野球、競馬、風景画へとテーマが広がっていく、「男性自身」419~624話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」1972年1月1日号の第419話「変奇館その後」から、1975年12月25日号の第624話「これが嫌い」まで、連載掲載順に206話を完全収録。 プロ野球界では、巨人軍のV9と長嶋引退。競馬界を席巻したのが、空前のブームとなったハイセイコーに、「狂気の逃げ馬」とい...
  • 山口瞳 電子全集4 『男性自身IV 1976~1979年』
    単行本未収録作品7篇を含む「男性自身」625~829話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」1976年1月1日号の第625話「これが好き」から、1979年12月27日号の第829話「食べる人たち」まで、連載掲載順に、単行本未収録7篇を含む204篇を完全収録。 山口が愛してやまないプロ野球界に激震が走ったのは、1978年11月ドラフト会議での「江川空白の一日」事件。 折に触れ、江川卓の言及をしていた山口が、や...
  • 山口瞳 電子全集5 『男性自身V 1980~1983年』
    “盟友”向田邦子への追悼文「木槿の花」8篇を含む「男性自身」830~1033話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」1980年1月3日号の第830話「年の終り」から、1983年12月22日・29日合併号の第1033話「手袋」まで、連載掲載順に、単行本未収録3篇を含む204篇を完全収録。 1981年8月22日、旅行中の台湾で航空機事故に遭遇した向田邦子の突然の事故死は、山口に大きな衝撃を与えた。彼女の小説家としての...
  • 山口瞳 電子全集6 『男性自身VI 1984~1987年』
    「男性自身」の中に掌篇小説『私本歳時記』『梔子の花』が躍動! 「男性自身」1034~1235話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」1984年1月5日号の第1034話「冬木立」から、1987年12月24日・31日合併号の第1235話「忘年会」まで、連載掲載順に、単行本未収録1篇を含む202篇を完全収録。 週刊新潮「男性自身」の中で、掌篇小説を連載していく実験的な試みは、『私本歳時記』(1983年7月7日「巴里祭...
  • 山口瞳 電子全集7 『男性自身VII 1988~1991年』
    昭和から平成へ。還暦となり小説を“絶筆”した山口が日記形式で紡ぐ歳時記。 収録作品は、「週刊新潮」1988年1月7日号の第1236話「看護婦」から、1991年12月26日号の第1434話「文殊堂の猫」まで、連載掲載順に199篇を完全収録。 1986年11月3日の誕生日に満60歳になった山口は、11月20日掲載の第1180話「還暦」で“絶筆宣言”したが、一方でこの人気の連載を勝手に中止できないという理由もあり、その解決策...
  • 山口瞳 電子全集8 『男性自身VIII 1992~1995年』
    再び随筆形式に戻った「男性自身」は、山口の死をもって1614回で終了する。「男性自身」1435~1614話までを完全収録。 収録作品は、「週刊新潮」1992年1月2・9日合併号の第1435話「展覧会の初日」から、1995年8月31日号の第1614話「仔象を連れて」まで、最後半部分を、連載掲載順に180篇を完全収録。 1994年1月20日「大団円」(1535話)まで続いた“日記体”の文章は、「一人の老人がどうやって病を得て、どう...
  • 山口瞳 電子全集9 初期~1963年『江分利満氏の優雅な生活』
    収録作品は、1946年12月発刊の同人誌「尖塔」に掲載された処女作「愛別離」(ペンネーム・富井高にて)から、第48回直木賞受賞作『江分利満氏の優雅な生活』単行本が発売された1963年「俺は19歳(5) 牛乳の朝」(PR誌「カトレア」に掲載)まで、小説、エッセイなど153作品を、初出掲載順に収録。 山口が作家として、その名を世に轟かせたのは、寿屋(現サントリー)宣伝部在籍中1961年に、新橋の酒場で知り...
  • 山口瞳 電子全集10 1964年『マジメ人間』
    1964年作家専業生活に入った山口瞳の小説、エッセイ等全156作品を収録。プロ野球ルポエッセイ、企業訪問記など多彩な作品が並ぶ。 収録作品は、エッセイ「宇宙通信時代」(毎日新聞1月1日掲載)から、小説「俺は19歳 最終回 サヨナラ・パーティ」(PR誌「カトレア」12月)まで、1964年に発表された小説、エッセイ等全156作品を初出掲載順に収録。 1964年は、『江分利満氏の優雅な生活』で第48回直木賞を受...
  • 山口瞳 電子全集11 1965年『結婚します』
    “謎の多い”青春小説『結婚します』と、庶民の哀しみをユーモラスに描いた傑作『世相講談』など、小説、エッセイ等109作品収録。 収録作品は、小説「世相講談1 生き残り」(「オール讀物」65年1月号)から、エッセイ「生活の中の美学18 招宴」(婦人画報65年12月号)まで、1965年に発表された小説、エッセイ等109作品を初出掲載順に収録。 『結婚します』の単行本が発売されたのが、1965年3月5日。長らく...
  • 山口瞳 電子全集12 1966~1967年『結婚しません』
    『結婚します』の作家が描く12人の女性像『結婚しません』と傑作『世相講談』13~35話など小説、エッセイ等103作品収録。 収録作品は、小説「結婚しません1 赤い大橋」(「婦人画報」1966年1月号)から、エッセイ「オバケだった実力日本一」(「東京中日新聞1967年12月25日)まで、1966~1967年の2年間に発表された小説、エッセイ等103作品を初出掲載順に収録。『結婚しません』は、「江分利満」シリーズ...
  • 山口瞳 電子全集13 1968年『わが町』
    国立の住人との親交と“町の匂い”を運ぶ『わが町』、恩師を描いた『小説・吉野秀雄先生』など、小説、エッセイ等70作品を収録。 収録作品は、 エッセイ 「同年同月同日生れ」(1968年「小説現代」新年特大号)から、エッセイ 「穴のグランプリ」(「東京中日新聞」12月21日)まで、1968年に発表された小説、エッセイ等70作品を初出掲載順に収録。 終の棲家となった国立市に越して5年、賃貸住宅を借り上げた山...
  • 山口瞳 電子全集14 1969年『なんじゃもんじゃ』
    山口文学のもう一つの顔、紀行文学の嚆矢“昭和の弥次喜多”とも言える『なんじゃもんじゃ』など、小説、エッセイ等47作品収録。 収録作品は、 エッセイ「天皇賞の森安弘明 ならぶところなく抜き去る」(「優駿」1969年1月号)から、「なんじゃもんじゃ3 姥湯の夜嵐」(「オール讀物」1969年12月号)まで、1969年に発表された小説、エッセイ等47作品を初出掲載順に収録。 山口瞳の人生を大きく変えたのが1958...
  • 山口瞳 電子全集15 1970~1971年『人殺し』
    『人殺し』、『血涙十番勝負』、『けっぱり先生』等、1970~1971年に書かれた小説、エッセイ等87作品収録。 収録作品は、小説「小説将棋必勝法 八段二上達也」(「小説現代」1970月1月号)から、「どこ吹く風 19(完)長い道」(「小説新潮」1971年12月号)まで、1970~1971年に発表された小説、エッセイ等87作品を初出掲載順に収録。 1970年から1971年にかけての山口瞳は、「男性自身」シリーズの週刊誌...
  • 山口瞳 電子全集16 1972~1973年『考える人たち』
    通勤電車の中の出来事を描いた『月曜日の朝』、『考える人たち』等1972~1973年の小説、エッセイ等241作品収録。 収録作品は、エッセイ「ことしの将棋界展望」(「北海道新聞」夕刊1972年1月4日)から、小説「続血涙十番勝負9 振飛車日本一、大野源一八段」(小説現代1973月12月号)まで、1972~1973年に発表された小説、エッセイ等241作品を初出掲載順に収録。 国立を舞台とした『わが町』(電子全集13回巻...
  • 山口瞳 電子全集17 1974~1975年『礼儀作法入門』
    マナー本の名著『礼儀作法入門』、風景画を含めた紀行文『湖沼学入門』等1974~1975年に書かれた206作品収録。 収録作品は、小説「金曜日の夜1南京豆」(「週刊朝日」1974年1月4・11日号)から、エッセイ「湖沼学入門 9 林道霜雨」(「小説現代」1975年12月号)まで、1974~1975年に発表された小説、エッセイ等206作品を初出掲載順に収録。 山口瞳は流行作家としての多忙な日々の中、小学館から1974年6月に創...
  • 山口瞳 電子全集18 1976~1977年『迷惑旅行』
    ドスト氏との紀行文第3弾『迷惑旅行』、初の随筆集『旦那の意見』等、1976~1977年に書かれた作品102作品収録。 収録作品は、小説「輪の中」(「群像」1976年1月号)から、エッセイ「迷惑旅行9 知多半島、篠島、大夕焼」(小説新潮1977年12月号)まで、1974~1975年に発表された小説、エッセイ等102作品を初出掲載順に収録。 1976年7月、首相だった田中角栄が逮捕されたことを受けて、山口瞳は「中央公論」10...
  • 山口瞳 電子全集19 1978~1979年『血族』
    自分の家族の生涯を赤裸々に綴った私小説『血族』を始めとして、1978年~1979年9月までに書かれた67作品収録。 収録作品は、エッセイ「人生仮免許」(朝日新聞ほか1978年1月15日)から、小説「昨日の今日」(「小説現代」1979年9月)まで、1978年~1979年9月までに発表された小説、エッセイ等67作品を初出掲載順に収録。 山口が初めて書きおろした長編小説『血族』は、美しく奔放で、好きなように生き、自ら...
  • 山口瞳 電子全集20 1979~1980年『兆治』
    後に映画化され大いに話題を集めた小説『兆治』を始めとして、1979年10月~1980年までに書かれた43作品収録。 収録作品は、小説『兆治』(「波」1979年10月~1980年11月。単行本化の際に『居酒屋兆治』と改題)から、エッセイ「武蔵野写生帖9 回想の目白界隈」(「芸術新潮」1980年12月)まで、1979年10月から1980年までに発表された小説、エッセイ等43作品を初出掲載順に収録。  『居酒屋兆治』は、連作的...
  • 山口瞳 電子全集21 1981~1982年『草競馬流浪記』
    全国27カ所ある公営競馬場(当時)を踏破した紀行文『草競馬流浪記』を始め、1981~1982年に書かれた108作品収録。 収録作品は、エッセイ「無惨なり!90番」(「オール讀物」1981年1月)から、エッセイ「草競馬流浪記 12―――名古屋土古の砂嵐」(「小説新潮」1982年12月)まで、1981年から1982年に発表された小説、エッセイ等108作品を初出掲載順に収録。 当時の山口瞳は、紀行作家とも言うほど旅続きの時期だ...
  • 山口瞳 電子全集22 1983~1984年『家族(ファミリー)』
    『血族』の続篇、実父について綴った『家族』を始め、1983~1984年に書かれた小説、エッセイ等65作品収録。 収録作品は、エッセイ「正直貧乏」(「朝日新聞」ほか1983年1月15日 サントリー広告より)から、エッセイ『温泉へ行こう』16「奥鬼怒、露店風呂めぐり」(「新潮45+」1984年12月)まで、1983年から1984年に発表された小説、エッセイ等65作品を初出掲載順に収録。 1981年5月より雑誌「旅」誌上(途中...
  • 山口瞳 電子全集23 1985~1986年『新東京百景』
    還暦を迎え、小説“絶筆”宣言をした1986年11月。画文紀行文『新東京百景』他、1985~1986年に書かれた64作品。 収録作品は、エッセイ「晩年」(1985年1月「別冊文藝春秋」170号)から、エッセイ『新東京百景』9「深川ロフト、浅草ROX」(1986年12月「小説新潮」)まで、1985年から1986年に発表された小説、エッセイ等64作品を初出掲載順に収録。 1986年(昭和61年)、11月3日の誕生日に、山口瞳は満60歳、還暦を...
  • 山口瞳 電子全集24 1987~1988年『行きつけの店』
    小説“絶筆”宣言後、エッセイ『新東京百景』、『行きつけの店』を始め、1987~1988年に書かれた45作品収録。 収録作品は、エッセイ「続・不老こう」から、エッセイ 「剣豪作家と山下清」まで、1987年から1988年に発表された45作品を初出掲載順に収録。 1986年11月3日の誕生日に、山口瞳は満六十歳、還暦を迎え、これを期して絶筆を宣言するが、 連載と以前より約束してあった原稿(エッセイ、コラム等)は...
  • 山口瞳 電子全集25 1989~1992年『旅する人よ』
    小説“絶筆”宣言後、エッセイ『行きつけの店』を始め、1989~1992年に書かれた69作品収録。 1989年~1992年の4年間、小説はなく、1963年から連載中のエッセイ「男性自身」は1989年11月20日初出の「還暦」から、 1994年1月20日初出の「大団円」まで、日記体形式で日々の身辺雑記を、多くの作家仲間との別れを、昭和から平成へと時が移ろう中、 淡々と綴っていくのであった。 特に、1990年5月3日、作家・池...
  • 山口瞳 電子全集26 1993~1995年『吉行さんのいない銀座なんて』
    山口瞳電子全集の最終巻。1993年~逝去する1995年8月までに書かれた47作品と未掲載3篇、座談・対談98篇を収録。 収録作品は、エッセイ「川端家での一日」から、第113回直木賞選評「思いが深ければ」まで、1993年から1995年に発表された47作品を初出掲載順に収録。 また、電子全集編纂作業中に発掘した貴重な作品3篇も収録。 1994年7月26日、兄事していた、作家・吉行淳之介が死去。「週刊新潮」8月25日号...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

山口瞳 のこれもおすすめ

無料あり
小学館電子全集 特別限定無料版 『山口瞳 電子全集』

小学館電子全集 特別限定無料版 『山口瞳 電子全集』

  • ブラウザ試し読み

愛ってなに?

愛ってなに?

  • ブラウザ試し読み

江分利満氏大いに怒る

江分利満氏大いに怒る

江分利満氏の華麗な生活

江分利満氏の華麗な生活

  • ブラウザ試し読み

還暦老人ボケ日記

還暦老人ボケ日記

  • ブラウザ試し読み

禁酒禁煙

禁酒禁煙

  • ブラウザ試し読み

草競馬流浪記

草競馬流浪記

  • ブラウザ試し読み

梔子の花

梔子の花

  • ブラウザ試し読み