「横山信義」おすすめ作品一覧

「横山信義」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:横山信義(ヨコヤマノブヨシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年
  • 出身地:日本 / 長野県
  • 職業:作家

東京工業大学卒。1992年『鋼鉄のレヴァイアサン』でデビュー。『八八艦隊物語』、『修羅の波濤』、『遠き曙光』など数多くの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/12/10更新

鋼鉄の海嘯 欧州解放
  • ブラウザ試し読み

鋼鉄の海嘯 南洋争覇戦
  • ブラウザ試し読み

修羅の戦野
  • ブラウザ試し読み

修羅の波濤
  • ブラウザ試し読み

修羅の波濤 外伝
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 八八艦隊海戦譜 勇進篇1
    八八艦隊を撃滅して戦争継続能力を奪わんと来襲する米艦隊vs待ちかまえる八八艦隊
    サウスダコタ級に一艦隊が大苦戦するも、剣型巡洋戦艦擁する第二艦隊の「94式40サンチ砲」の威力で戦局を挽回。しかし、サウスダコタ級二隻を取り逃がし、禍根を残す。
    そして、英国東洋艦隊に最強の戦闘艦4隻を含む大増援が・・・...続きを読む
  • 南海蒼空戦記2 ルソン攻囲戦
    時間制限付きのフィリピン攻防戦(決着編)日本側によるフィリピンへの補給線攻撃。こう言ったのが読みたいよね。

    群狼じゃ無かったのね。ああそうかドイツから日本に移ったのは航空関係者限定だったか。そして一度上手くいった手法を単純に繰り返して失敗するのは日本軍らしいよね。とはいえ最後の『拿捕』は珍しい。こ...続きを読む
  • 旭日、遥かなり6
    F6Fの登場もあり、航空消耗戦で耐えられなくなる前に、クェゼリンからの撤退を決断した大本営だったが

    小沢提督、機動部隊を率いてのデビュー戦で堂々の勝利を飾るも、旗艦艦上で戦死…
    次巻から始まる絶対国防圏で米軍の来校を待ち受けるのは誰だ?角田?

    そして、ソ連がついに崩壊。ロシアとドイツの利害が決定...続きを読む
  • 宇宙戦争1945
    決戦が起こるには理由(目的、場所、時間)が無くてはならない。そこがきちんとあるからこそ、最後に決戦で幕を閉じられる訳なので。その辺がきちんと書かれていることが大事だなと。『人類の興廃、この一戦にあり』の方が『地球の一番長い日』よりも好みだなあ(両方出てくるけど)そして、これこそまさに『オリンピック作...続きを読む
  • 旭日、遥かなり7
    山口多聞中将が軍令部次長から血戦兵力である一一航艦の司令長官へ。
    GFを引っかけた米軍の早期来寇に立ち塞がる捨て奸となった旧式戦艦「伊勢」「山城」の二隻。

    艦載機補充のためにいったん引く米軍vs追う角田司令長官の一機艦(後編(八寒)へ続く。
    その先にあるのは、米軍のバックハンドブローなのか、角田チ...続きを読む

特集