鋼鉄の海嘯 樺太沖海戦1

鋼鉄の海嘯 樺太沖海戦1

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和16年、緊張の続く北緯50度線で日ソ国境紛争が勃発。南樺太に火砲弾が降り注ぎ、快速戦車BT7が満州を蹂躙する。防戦に追われる日本軍に反攻の機はあるか!? 戦記巨篇、開幕!!

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELS
ページ数
244ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

鋼鉄の海嘯 樺太沖海戦1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

    日米戦争よりも日ソ戦争が先に開始された世界
    この世界の大日本帝国の首脳部は自分達の世界の首脳部よりも理知的なようだ。
    満州事変は発生しているものの盧溝橋事件からの日中戦争が開始されず、中華民国政府と防共協定が結ばれている事は日本にとっては有利な状況であると思える。
    そのような状況で欧州大戦がチャーチ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

鋼鉄の海嘯 樺太沖海戦 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 鋼鉄の海嘯 樺太沖海戦1
    昭和16年、緊張の続く北緯50度線で日ソ国境紛争が勃発。南樺太に火砲弾が降り注ぎ、快速戦車BT7が満州を蹂躙する。防戦に追われる日本軍に反攻の機はあるか!? 戦記巨篇、開幕!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 鋼鉄の海嘯 樺太沖海戦2
    ウラジオストックを攻略した日本軍はさらに極東の要衝ハバロフスクを目指す。だが行く手には敵戦車部隊が立ちはだかり、米国はソ連支援の大船団を派遣――。果たして、沿海州を巡る攻防戦の決着は!?
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています