ゆうきまさみの作品一覧

「ゆうきまさみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ゆうきまさみ(ユウキマサミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1957年12月19日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:マンガ家

北海道倶知安高等学校卒。1980年『ざ・ライバル』でデビュー。『ヤマトタケルの冒険』『あ~る』『機動警察パトレイバー』など多くの作品を手がける。『機動警察パトレイバー』では第36回小学館漫画賞を受賞している。

公式X

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 新九郎、奔る! 6
    ゆうきまさみ著ということもあり、キャラクター描写が生き生きしている。30代の私からすると、言い回しがバブルっぽくて少し古臭く感じるところもあるが、とはいえ、そもそも時代劇。新九郎の少年期の話であり、当時の武士の政治話であり、そのなかで、所領のゴタゴタに巻き込まれる主人公の葛藤が、読んでいて心地よい。
  • 新九郎、奔る! 16

    前巻末の予告からは一気に戦かと思いきや、そこまでの流れが割と丁寧に描かれる。
    小鹿当主の病さえ重くなかったら避け得た戦にみえるが、とにかくも「初陣」。
  • 機動警察パトレイバー 1

    楽しい

    電子書籍で読めるんだって分かって、まず1巻を購入しました。
    絵は記憶どおりでしたが、物語はけっこう忘れていて、面白さと懐かしさで、土日で全巻購入して読み耽っていました。
    作品の楽しさと共に、当時の様々な風景まで思い出せ、良い時間を過ごせました。
  • アトム ザ・ビギニング(10)

    時空がゆがんできたぞ

     ターミネーターみたいな展開にJINが、、、。でも。これぞ手塚ワールド。これから、どうなる。A10-6とアトムはどう繋がるのか、マルスは、どうなる?興味が尽きません。
  • 新九郎、奔る! 6
    ま、そういうもんだよね、戦国時代入りたての頃の片田舎では…新九郎の奔走によって、猫の額程の領地での角突き合いが1巻がかりでやっとこさ解決したものの…個人的にはとってもダメージだっただろうねえ。この時代に生きるには、些か生真面目過ぎる感があるしな。これがゆくゆくは小田原北条氏の祖になって、うちの一族を...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!