白暮のクロニクル(1)
  • 完結

白暮のクロニクル(1)

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
紙の本 [参考] 596円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年04月25日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
EPUB

「白暮のクロニクル(1)」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月19日

厚生労働省で働く新人、伏木(ふせぎ)あかり(通称:ふしぎちゃん)。
不老不死の人々-オキナガ-を狙った殺人事件が起こっている中、たまたま事件に遭遇したあかりはオキナガである雪村魁(かい)と一緒に仕事をすることになる。
見た目は少年、しかし、88歳の老人である魁の相手はなかなか大変。
そして、また起こ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月09日

長命者=オキナガがいる世界。
12年に一度、羊年に起こる「羊殺し」と呼ばれる連続オキナガ殺人があった。「羊殺し」への雪村魁の執着の理由とは……

2巻ですでに過去編とは早い展開だな~
バーディー打ち切りは残念だったけど、こっちもかなり面白い!SF(少し不思議な)ミステリーはすごくスピリッツぽいので、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月14日

これまたすごい漫画が始まったぞ。死なない人種"オキナガ"がいる世界でのミステリ。特殊な世界設定ながらも説得力ある展開でグイグイ引き込まれ、しかも伏線だらけで読んでて知恵熱が出ちゃいそう。ふしぎちゃんと魁くんのコンビがこれからも楽しみ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月04日

『ヤマトタケルの冒険』を読んでた頃からタケシウチノスクネが普通のをっさんなのが若干不満で、先生も「トンデモ物件に関してスケプティカル」なのはわかるんだけど、でぢゃあこの人さういふ「長生きな武内なんとか」は絶対描かんだらうなと思ってゐたら。
 なんか、朝その辺歩き回る吸血鬼に違和感がない。むしろ「ゆう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月20日

全11巻を一気読みした。
オキナガという吸血鬼がふつうにいる世界のミステリー。探偵モノっぽい感じでぐいぐい読ませる。

ゆうきまさみもあだち充も高橋留美子も小学館系の人は設定の作り方がやけにうまい気がする。

本作は菅田将暉と二階堂ふみで映画化してほしい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「白暮のクロニクル」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!