白暮のクロニクル(1)
  • 完結

白暮のクロニクル(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年04月25日
紙の本の発売
2014年01月
サイズ(目安)
40MB

白暮のクロニクル(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年02月14日

    これまたすごい漫画が始まったぞ。死なない人種"オキナガ"がいる世界でのミステリ。特殊な世界設定ながらも説得力ある展開でグイグイ引き込まれ、しかも伏線だらけで読んでて知恵熱が出ちゃいそう。ふしぎちゃんと魁くんのコンビがこれからも楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月04日

    『ヤマトタケルの冒険』を読んでた頃からタケシウチノスクネが普通のをっさんなのが若干不満で、先生も「トンデモ物件に関してスケプティカル」なのはわかるんだけど、でぢゃあこの人さういふ「長生きな武内なんとか」は絶対描かんだらうなと思ってゐたら。
     なんか、朝その辺歩き回る吸血鬼に違和感がない。むしろ「ゆう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月20日

    全11巻を一気読みした。
    オキナガという吸血鬼がふつうにいる世界のミステリー。探偵モノっぽい感じでぐいぐい読ませる。

    ゆうきまさみもあだち充も高橋留美子も小学館系の人は設定の作り方がやけにうまい気がする。

    本作は菅田将暉と二階堂ふみで映画化してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月21日

    殺人もあるミステリーものだが、どこかのどかな雰囲気はやはりゆうき氏の作品と思わせる。謎解きに頭を悩ますというよりも、雰囲気を楽しむ感じ。続編も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月03日

    おっとり有能な新人に、謎の青年。広がっていく謎…、と面白かったです!あかりちゃんの眉毛の系譜と、さっぱりした勤労稟子ちゃんの今後の出番が気になります。
    丁度「銀~金~」を読んでたので、おぉ、オキナガ、となりました。日本史は疎いんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月28日

    不死者的な存在が現実世界にいたら?という世界観を元に描いた殺人ミステリー。設定自体に目新しさは無いが、世界の丁寧な書き方にベテランを感じる。現代社会を基準に世界観を広げているので、リアリティが段違いだ。設定情報の出し方や小物の入れ方などが自然で嘘っぽさがない。サーッと読んでも読み返す必要が皆無。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月27日

    不老不死のオキナガ(息長)という種族が、市民権を得ている仮想日本でのミステリー。
    ま、まずオキナガがなんで認知されているかが不思議で仕方ないのですが。こういう場合、日の目を見ないように息を潜めているんだと思うんだけどね。オキナガだけに。

    認知されているといっても、存在が証明されているというだけで、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月08日

    流石すな。ゆうきまさみセンセの代表作はいろいろ挙がるとは思うんだ。あ〜るとかね。じゃじゃ馬とかね。パトレイバーとかね。でも、オレにとっては、ゆうきまさみセンセって言えば月サンに連載されてた鉄腕バーディーなのさ。あの設定の斬新さとストーリーの引き込み方ってのは、当時他に類を見ない漫画家だったと思う。そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月22日

     久しぶりのゆうき先生作品〜。
     確かに今までとはお話ですが、意外にしっくりきますね。パトレイバーとかバーディーではオブラートに包んでた表現(血とかエロとか)がもう少し書かれるってところでしょうか。絵柄的にエロはどうなんだろうか。ゆうき先生の描く女性って柔らかそうじゃないのよね。その辺りは読者の好み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月15日

    ゆうきまさみ氏の新作。

    伏線詰めの第一巻といった感じがしました。
    警察とその協力者というスタイルが個人的には好きなので楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

白暮のクロニクル のシリーズ作品 全11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 白暮のクロニクル(1)
    完結
    そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニ...
  • 白暮のクロニクル(2)
    完結
    不老不死の種属「オキナガ」。 そのひとりである雪村魁は、12年に一度の惨殺事件… 通称「羊殺し」の犯人を追っている。 昭和初期。 沖縄での戦禍の中で、魁の壮絶なる人生を決した 出会い、別離。そして与えられた運命。 この殺人事件に執着する理由がそこに―― 雪村魁は、いかにして雪村魁になったのか。 その謎を解き明かす第2集、霧の中の輪舞(ロンド)!
  • 白暮のクロニクル(3)
    完結
    複数の「オキナガ」たちが次々と姿を消す、不可解な事件が発生。 事件を追って、あかりは久保園と共に岐阜県山中の限界集落を訪れるが、 そこでとある少女と出会い…!?
  • 白暮のクロニクル(4)
    完結
    不老不死の不思議な種族、「オキナガ」と共存する現代―― 88歳にして少年のような風貌、オキナガである雪村 魁と、 オキナガを管轄する厚労省“夜間衛生管理課”の新米公務員・伏木あかり。 ふたりのもとに、また新たな惨劇の影が… 若い女性たちが血を抜かれた状態で次々と殺害されていく、 デリヘル嬢連続殺人事件。 その犯行の手口から、時に“吸血鬼”とも揶揄される オキナガの犯行とも噂されるが――!? ...
  • 白暮のクロニクル(5)
    完結
    舞台は閉じ込められた山奥の館。 “曰くつき”のオキナガ療養施設―――光明苑。 オキナガの哀しき自殺。襲いかかる嵐。 現れた、12年に一度の殺人「羊殺し」の重要人物。 そして動く、あかりと魁と三角関係!? ――――――――――――――――― 不老不死の謎めく種族「オキナガ」。 全国に10万人ほど存在し、厚生労働省の管理下にある。 88歳にして少年のような風貌のオキナガ・雪村 魁と、 オキナガを管轄する厚労省“夜...
  • 白暮のクロニクル(6)
    完結
    2015年、血の事件は核心に染まる。 憎き連続殺人鬼・“羊殺し”―― す べ て は お 前 を 、 捕 え る た め に 。 ――――――――――――――― 現代の吸血鬼“オキナガ”の雪村 魁は、 かつて恋をした女性-棗(なつめ)-を殺した犯人へ、復讐を誓う。 そして…抜かれた内臓、若き女性の死体、12年に一度のひつじ年。 “羊殺し”の条件が揃った凄惨な事件が発生――― 魁とあかり…数奇な運命に導かれたふた...
  • 白暮のクロニクル(7)
    完結
    「羊殺し」にまつわる謎の映画プロジェクト、 その現場で起こる惨劇――!! ―――――――――――――――――― 不老不死、現代の吸血鬼“オキナガ”の雪村 魁は、 かつて恋をした女性-棗(なつめ)-を殺した犯人――― 12年に一度若い女性を殺害する殺人鬼、“羊殺し”を追い続ける。 厚労省の新人・伏木あかりとは小さな喧嘩を繰り返しながらも、 なんだかんだ相棒関係(!?)に…そのあかりが、棗の孫だと知った魁。 そ...
  • 白暮のクロニクル(8)
    完結
    「羊殺し」…憎き犯人は、 お前だったのか――!!!!? **** 「羊殺し」――12年に一度のひつじ年に必ず起きる、 若き女性を狙った殺人事件。 88歳の少年…吸血鬼(オキナガ)の雪村 魁が 追い続ける“想い人”の仇―― 衝撃の真犯人が今、浮かび上がる!!!!
  • 白暮のクロニクル(9)
    完結
    雪村魁は、不老不死のオキナガ。 60年間「羊殺し」という、ひつじ年のクリスマスに起きる猟奇的な連続殺人事件を追っており、厚生労働省の夜間衛生官の新人・伏木あかりとともに、捜査を進めている。 そんな中、魁の想い人にして、あかりの祖母だったことがわかり、長尾棗が殺された事件の12年前にも、羊殺しに似た殺され方をした女性がいたことが分かる。 その女性の名は、伊集幸絵。 あかりの上司にして...
  • 白暮のクロニクル(10)
    完結
    羊殺しの被害者の共通点とあかりの特徴が一致するなか、 彼女が行方不明となり、懸命の捜索を続ける魁(かい)とオキナガたち。 2015年12月24日。 羊殺しの日が刻一刻と迫るなか、 桔梗(ききょう)の魔の手は魁にまで迫る…… 12年毎の悪夢を止めることはできるのか。 現代の吸血鬼×非日常ミステリー、 ゆうきまさみの意欲作、クライマックスへ。
  • 白暮のクロニクル(11)
    完結
    12年ごとに繰り返される連続殺人事件「羊殺し」。 その犯人である、茜丸(桔梗凪人)の逮捕により、 事件は無事に解決したかに思われたが、 まだ謎は残されていた。 内通者、そして茜丸が連れていた少年・ボーヤの存在…… 新事実が発覚し、最後まで事件に取り組もうとするあかりだが、 なぜか消極的な魁。 そんななか、60年の眠りから目を覚ました章太の記憶が戻り始め、 自分を殺された日のことを思い出...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

白暮のクロニクル に関連する特集・キャンペーン