「犬村小六」おすすめ作品一覧

「犬村小六」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:犬村小六(イヌムラコロク)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 宮崎県
  • 職業:作家

早稲田大学政治経済学部卒。2004年『Remember11 -the age of infinity-』のノベライズ作品を刊行し作家デビュー。『レヴィアタンの恋人』シリーズ『とある飛空士への追憶』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/18更新

ユーザーレビュー

  • やがて恋するヴィヴィ・レイン 6
    面白かったー!
    ミズキ可愛いかよ……。どうしてもCV/代永翼で脳内再生してしまいそうになるのだが、今回は普通に女の子で可愛かった。
    あと、ファニアの膝枕にニヤニヤして萌えた。いや、後の展開を考えるとニヤニヤしている場合ではないのだろうけど。

    次で最終巻、楽しみです。
  • とある飛空士への誓約9
    「とある飛空士」シリーズここに完結。素晴らしかった。前巻は政治的要素にやや傾斜していたが、最終巻はしっかり空戦を描き、そして描き切った。ご都合主義だと揶揄する人もいるかも知れないが、私はこれでいいと思う。

    やっぱり海猫が出るシーンが、シリーズへの思いがオーバーラップして涙腺が緩んでしまった。うん、...続きを読む
  • やがて恋するヴィヴィ・レイン 5
    今回は割と淡々とした展開で、この人の持ち味のドラマティックさがあまり見られなかった気がする。とはいえラスト方の展開には完全に度肝を抜かれた。偉大な為政者は皆挫折を経験しているという言葉が刻印されたように響く。
  • やがて恋するヴィヴィ・レイン 3
    いや、物語が進むにつれて、さらに面白くなっていく。
    うん、いいね。

    前巻までが序章とすると今巻は物語の第2章。
    ガルメンディア王国を逃れリヴァノヴァ帝国に移ったルカ達の傭兵としての活躍が描かれる。
    ほぼ一巻丸ごと戦争話だ。

    これまで『千年に一人の軍事的才能』と冠してきたわけだけど、さすがにそこま...続きを読む
  • やがて恋するヴィヴィ・レイン 4
    話の流れが意外と早くて、もう完結かと思いきやとんでもなかった。油断しているところで完全に度肝を抜かれてしまった。

特集