「鈴木立哉」おすすめ作品一覧

「鈴木立哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    マネジメントを読んだ後にこの本を読みました。マネジメントでは結果が第一にもとめられていて、オレンジ的な思考が成功の鍵なんだなと思っていましたが、この本をそのあと読むと、ティール的思考の方が自分の経験からもかなりしっくりくると感じました。
    経験上、上司の承認が細かく必要な仕事よりも、自分が責任を持って...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    会社の存在意義が問われてきてるけどティール組織の考えはものすごくしっくりくる。

    会社上位ではなく、自主組織であり、社員が自分をさらけ出せる。上層部の会議はいらないってさ。

    具体例も豊富で読みやすい。
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    組織論という一般受けしづらいテーマであっさりした表紙のため手に取りづらい本だと思うが、組織運営関係なく万人にお勧めできる良書。ティールの価値観は最近共通して語られている概念、価値観に近い。例えば信用を稼ぐ、メタ認知、副業解禁、ストーリーテリング、コーチング、マインドフルネス、WorkAsLifeなど...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    ただの概念の提示だけではなく、そもそも社会学的なアプローチから組織の発展を説明し、実際自然とティール型組織を実現している複数の企業の実例を記載。また解雇や給与など多くの人々が疑問に思う点についても実例をベースに記載されており、大変面白い本であった。

    以下一部要約
    ヒトの意識が時代とともに進化、成長...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    飲みごたえのある怪しい色のスムージー。飲むまでその味はわかんない。たぶんヨーグルトは入ってる。青いのはブルーベリーか。

    日本で成功―この場合の成功はクリエイティブな仕事や働き方をすること―している会社の例が頭に浮かぶ。たしかにこんな組織のありかただったように思う。働き方改革をちまちまするより、一気...続きを読む

特集