「鈴木立哉」おすすめ作品一覧

「鈴木立哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    株主価値の最大化を追求する多くの達成型組織に対し、進化型組織は企業を存在目的を追求する一つの大きな有機体として捉える。組織論に留まらず、旧来的な資本主義社会とそれに付随するリーダーシップやマネジメント論、また働き手としてのキャリア論にまで一石を投じる、エポックメイキングな一冊。
    「内発的動機づけに働...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    ①自主経営
    ②全体性
    ③存在目的
    精神の進化に合わせた新しい組織論。
    ある意味ではドゥルーズ的か。
    実例がどれも魅力的。
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    人類がこれまで開発・実践してきた様々な組織形態を、進化論と発達心理学の観点から分析・整理するとともに、今日主流となっている組織の限界を克服すべく新たに生まれつつある次世代型組織のあり方を提示した経営書。

    著者が提唱する「ティール組織」では、信頼と対話及び集団的知性によって階層を不要にする「自主経営...続きを読む
  • 世界でいちばん大切にしたい会社 コンシャス・カンパニー
    ・営利企業の目的は、利益の最大化ではなく、私たちの生活を向上させ、ステークホルダーにとっての価値を創り出すこと―社会価値の創造
    ・自社の存在目的とコアバリューがコンシャスカンパニーの中核をなす
    ・目的、ミッション、ビジョンの三つを明確に区別する。目的とは自分が世界をどう良くしたいのかを語ること。使命...続きを読む
  • ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
    ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 英治出版


    18年1月に日本語訳が発売されて、話題となったティール組織。

    今まで目指してきた自己変革組織の形に近いと感じた。組織の形態を歴史を紐解きながら定義しており、今の自分の組織そして目指す組織について共通言語を持って話すために有用...続きを読む

特集