「惣領冬実」おすすめ作品一覧

「惣領冬実」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:惣領冬実(ソウリョウフユミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年01月06日
  • 出身地:日本 / 大分県
  • 職業:マンガ家

大分県立芸術緑丘高等学校卒。1982年『陽だまりの訪問者』でデビュー。『ピンクなきみにブルーなぼく』、『MARS』、『ボーイフレンド』。『ES -Eternal Sabbath-』、『チェーザレ 破壊の創造者』など多くの作品を手がける。代表作『ボーイフレンド』は小学館漫画賞を受賞し、アニメ化されている。

作品一覧

2017/02/03更新

ユーザーレビュー

  • 3(THREE)(14)

    さすが、惣領冬実さん!

    スリーは高校生の時に初めて読みました。ケイに夢中になって、必死に全巻揃えたのを思い出します。40代になって改めて読むと深い‼︎ 指輪やピックが1つ1つ意味を成して、ケイとリノを結びつけてる。惣領先生はなんだかんだあってもハッピーエンドにしてくれるので、しかもやっつけじゃない終わり方なので、好きな作品...続きを読む
  • マリー・アントワネットの嘘
    これまでマリー・アントワネットについてのイメージの元になっていた、シュテファン・ツヴァイクの伝記「マリー・アントワネット」等はドラマチックなストーリーで、多くの小説、映画、漫画などのベースになってきたそうですが、近年の研究によれば必ずしも正確でない資料、当時のゴシップ紙の情報などを元にした部分が混じ...続きを読む
  • チェーザレ 破壊の創造者 4巻
    ルクレツィアなど、ボルジア家のことがわかってくる

    アンジェロは現場監督を楽しんでいる
    が、ある日、ドメニコ会風な衣裳のものに工場が放火される


    ジョヴァンニ、フィオレンティーナ団とともに大司教邸へ

    チェーザレ、仮装してアンジェロとともに祭りに潜りこむ

    フィレンツェは、市民に門戸を開き、学問を...続きを読む
  • チェーザレ 破壊の創造者 2巻
    アンジェロ、チェーザレに連れられ、キンツィカ地区へ

    「貧者を救う術を隠している」

    1491年のシスティーナ礼拝堂の天井はまだ星だけだった

    クリストーフォロ・ランディーノ教授のダンテの講義

    クリストーバル・コロン=コロンブス

    プリマヴェーラbyボッティチェリ

    チェーザレ、レオナルドと会う@...続きを読む
  • チェーザレ 破壊の創造者 10巻
    俺たち職人は何もないところから何かを生み出すんだ

    ジョヴァンニの学位試験

    無知は罪なことではない
    真の罪は何も学ばぬことだ
    知ったつもりとなって探究を怠る
    これほど愚かなことはない

    ジョヴァンニ、卒業したのでフィレンツェへ戻る
    そこからローマへアンジェロとともに

特集