加藤一の一覧

「加藤一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/29更新

ユーザーレビュー

  • 恐怖箱 閉鎖怪談
    このシリーズは数冊しか読んでいないが、これが今のところ一番怖かった。書き手が変わっていく形式なので読んでいて飽きが来ない。自分は家に関するホラーが好きなようで、家に関する話は良かったと思う。クローゼット、家賃格差、受け継ぐが好き。受け継ぐはその中でも特にオススメ。過去の因縁が夢などに現れて断片的に体...続きを読む
  • 恐怖箱 呪祭
    いつもは何気なく行っている神社も寺もよくも悪くも特別な場所なのだなと感じた。良くないことがおこれば、神社に拝みに行ったりお祓いを受けたりするが、その神社で怖い目にあうのは勘弁してほしいです。神社で行われる祭りに行ってはいけない一家の話「タブー」が良かった。これも話し手が途中で話をやめたので真相が気に...続きを読む
  • 「超」怖い話 Λ(ラムダ)
    【目次】
    前書き
     蜘蛛の糸/雨中/鬨の声/狩猟/班投稿/押し入れ 二題/恵比寿瓦/足下/のぼり/盛り塩車/トラック/高速にて/パンへッド/ラッシュアワー/回想/焼酎玉/期待はずれ/俺にだけ見えない!(その二)/置換/見物/桃色吐息/狼煙/たすけてください/メッセージ/試着室/実力行使/ぽこん/穴場...続きを読む
  • 「弩」怖い話―螺旋怪談
    【目次】
    まえがき
     言うなよ
      いたずらをした
       布団で眠る
        客を拾う
         通りますよ
          気のせいだ
           Crew swing
            酒を飲む
             深く潜る
              あんた誰だ
               言うなよ
          ...続きを読む
  • 恐怖箱 常闇百物語
    毎年夏になると買うシリーズの1つである。実話風の書体と風変わりな登場人物、不思議で怖い現象の数々。このシリーズがお気に入りの理由である
    1つ1つの話は短く、長くても4ページほど。文体はくだけていて、多少は難解な語句があるものの読みやすいので初心者にオススメである

    今作は特筆するような話は見当たら...続きを読む