「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬

「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

内容紹介
その家は何かがおかしい…謎の箱、連鎖する死の結末は?
呪われた血族と家の間取り、 元祖・家系怪談の傑作がついに復活!!!

「超」怖い話四代目編著者・加藤一が2004年に始めた伝説のソロワークシリーズ「弩」怖い話。
今なお傑作の呼び声高いそのシリーズ1、2巻から最恐怪談を厳選、後日談とともに収録した待望のベスト版が登場!

●謎の溺死をとげたウナギ捕りの名人。川でいったい何が…「深く潜る」
●会社の用意した2Kのアパート。だがそこには先住者が…「あんた誰だ」
●一人娘を嫁に貰う条件として出された妻の実家での同居。夫だけに襲いかかる怪異、仏壇裏に隠された謎の箱、義親は何を隠しているのか…「香津美の実家」
●自殺の前に誰かを訪ね、何かを託す。不気味な連鎖の果てに待つものは…「新婚の部屋」
●「香津美の実家」と「新婚の部屋」、一連の忌まわしき事件の衝撃の後日談!…「あの話の続き」

ほか、怪異の起きた家の詳細な間取りを再現した元祖家系怪談が再臨!

著者について
加藤一 Hajime Kato
1967年静岡県生まれ。O型。獅子座。
人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』4代目編著者として、冬版を担当。
また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超-1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。
主な著作に『「忌」怖い話』、『「超」怖い話』シリーズ、『「極」怖い話』シリーズ、『「弩」怖い話』シリーズ(以上、竹書房文庫刊)、『怪異伝説ダレカラキイタ』シリーズ(あかね書房)など。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房怪談文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2020年04月01日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

「弩」怖い話ベストセレクション 薄葬 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています