「結城充考」おすすめ作品一覧

「結城充考」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/09更新

ユーザーレビュー

  • 衛星を使い、私に
    クロハシリーズの原点。

    6つの短編というか事件というか?短編集のような感じですが、つながっている部分もあり。
    『プラ・バロック』以前のクロハということで、少しイメージが変わった気がします。
    別の人物から見たクロハが描かれているのも楽しめました。

    パーキングエリアで発見される人の指先。
    薬物取引に...続きを読む
  • プラ・バロック
    読み終わったときこれだと思いました。
    何度読み返しても飽きない面白さです。
    人物の名前をカタカナ表記にしたり、仮想空間と現実を組み合わせたりするなどの特徴的な書き方
    まず、主人公にとてつもない魅力を感じます。何時もなら買わない類の本でしたが出合えてよかったと思っています。
  • プラ・バロック
    まずタイトルの語感がすごく良い。造語らしいけど、どういう意味合いでとれば良いんだろ?
    「プラ」は雨とか都市とか城塞の意味があるとかないとか。「バロック」は歪んだ形の真珠だとか。らしいですね。

    内容としては女性刑事が主人公の
    警察小説。それでも今まで読んだ警察小説とはテイストが違って。

    冷凍コンテ...続きを読む
  • プラ・バロック
    女性が主人公のハードボイルド!これがなかなか!引き込まれました。
    これは才能ある作家!
    硬質な世界、底なしの悪との対峙、柔らかな子供。
    続いて読みます。面白かった!
  • プラ・バロック
    凄まじい漆黒の世界だった。
    黒と無機質な金属でできた世界。そんなイメージ。
    巻末で有栖川先生が書かれていたけれど、4年前に描かれたこの世界は今でも色褪せず、むしろ現実に起こってしまうのではないか、と、明日テレビを点けたら報道されているのではないか、と錯覚させる。
    ミステリアスな女性刑事・クロハ。
    ...続きを読む

特集