捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター(祥伝社文庫)
  • 値引き

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター(祥伝社文庫)

作者名 :
値引き価格 448円 (408円+税) 5月16日まで
通常価格 748円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

東京湾に浮かぶ天然ガス掘削プラットフォーム“エレファント”。大型台風が迫る中、作業員の転落死亡事故が発生。単身現着した警視庁捜査一課の入間祐希は残留物から爆発事件を疑う。施設内の社員へ事情聴取を進める中、外部との通信がダウン、さらに存在しないはずの何者かが液体爆薬の染み込んだ札束を抱え、イルマの目の前で爆死した。姿なき爆弾魔との死闘が始まる!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
祥伝社文庫
電子版発売日
2019年05月10日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター(祥伝社文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    イルマシリーズの続編(二作目)。海上の閉鎖空間(天然ガス採取プラント)内で孤軍奮闘するイルマ。途中までは前作のような荒々しい展開がなく、予想と違うなと違和感を感じていたのだが、後半の怒涛の展開は期待を上回るものだった。続く2作も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    結城充考『捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター』祥伝社文庫。

    アマゾネス系の女性刑事イルマを主人公にした警察小説。4ヶ月連続刊行の新シリーズ第2弾。

    前作の方が読み応えがあったが、本作もまずまず面白い。

    今回は大型台風が迫る東京湾の天然ガスプラットフォームに作業者転落事故捜査のために警視庁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています