「カート・ヴォネガット」おすすめ作品一覧

「カート・ヴォネガット」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • これで駄目なら
    冒頭から泣いた…。
    カート・ヴォネガットが大学の卒業生に贈ったスピーチ集。
    辛辣さもあるけれど、発しているのはとても温かな心。
    ユーモラスでシニカルで、たまらなく魅力的。
    手元に置いておきたい一冊。
  • スラップスティック
    史上最後のアメリカ大統領がじぶんの思い出話をつづる。自分そっくりの双子の姉のこと、重力が不安定になった日のこと、かわいい孫娘のこと、その他いろいろ。
    冷静な評価がもお一切できないくらいどっぷり大好きな小説である。これよりもバカバカしい小説は、そしてこれよりも美しくてかなしい小説は知らない。
    そう、バ...続きを読む
  • 青ひげ
    SFを読んだ気はしないがヴォネガットマニアには感動作
    表紙   7点和田 誠
    展開   7点1987年著作
    文章   7点
    内容 731点
    合計 752点
  • これで駄目なら
    カート・ヴォネガットの、卒業式での祝辞等の講演集。
    円城塔の翻訳が意外にはまっている+思った以上にあたたかみのある祝辞が多くて驚く。
    「これで駄目なら」はいつか言いたいセリフだ。
  • 猫のゆりかご
    仕事できつかった時、この本が救ってくれた。
    今悩んでいることは生きる上で本当に重要なのか?悩んでいることは周り、自分にとって何か本質的に影響を与えているのか?
    そうマインドセットしたら、なんてことないくだらないことだった。
    大人になったら、本質的なことが見えにくくなる。それがただのあやとり(にせもの...続きを読む