「鈴木るりか」おすすめ作品一覧

「鈴木るりか」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/17更新

ユーザーレビュー

  • さよなら、田中さん
    「お母さんが、カカカカッと笑った。私も笑った。そうだ、笑いとばせばいい。どうにもならないことは笑いとばせ」
    全力で「生きる」ことを教わった。
    小学6年生の花実とその母から。
    中学2年生の著者から。
    「もし死にたいくらい悲しいことがあったら、とりあえずメシを食え。そして一食食ったら、その一食分だけ生き...続きを読む
  • 期間限定お試し特別版 14歳、明日の時間割

    びっくり!!

    14才の作家さんだからと、ナメていました。
    どんどん、作品の中に引き込まれました。
    びっくりしました。
    とても面白く、お試し版では無く、本編を購入しようと思いました。
    これから先が楽しみな作家さんです。
  • さよなら、田中さん
    文句無しに面白かった。母子家庭で、貧しい暮らしをしている小学生の花実と母の話なんだけど、花実がとにかく賢くて、健気で、明るくて。でも母に気を使って金銭的な事で我慢をしている。母も母で、貧しいからと不自由はさせずに底抜けに明るい。そんな二人がとにかく素晴らしい親子だ。
    物語は花実の語りたいで進んで行く...続きを読む
  • 14歳、明日の時間割
    14歳が書いたとは思えないくらい読みやすく、ストーリー設定もしっかりしていると感じた。

    個人的には、「家庭科」と「体育」の章が良かった。
  • さよなら、田中さん
    末恐ろしいというか、今でも十分恐ろしいが、もう既に完成された作品。書き下ろしの「花も実もある」の終わり方なんて老成された円熟の味。「いつかどこかで」を小学6年生が書いたなんてとても信じられない。才能に歳なんて関係ないとはいえねえ。好きな作家が志賀直哉と吉村昭ってローティーンのセリフじゃないな、谷崎潤...続きを読む