「町沢静夫」おすすめ作品一覧

「町沢静夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/05/30更新

天才の法則
  • ブラウザ試し読み

なぜいい人は心を病むのか
  • ブラウザ試し読み

なぜ心が病むのか
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 絶望がやがて癒されるまで 精神科医が語るこころの処方箋
    去年の秋は、どうしても気持ちが落ち込んで、何も手につかない苦しい日々を送っていました。
    その時期、縋るように繰り返し読んだのがこの本です。
    精神科医が語る「絶望とは」そして、絶望と向き合ってきた歴史上の人物の話、吉本ばななさんとの対談まで幅広く書かれています。

    第一に、絶望に陥っているのは君だけじ...続きを読む
  • 人格障害とその治療
    人格障害の分類とそれぞれの治療法を書いた総説的な本。分裂病質、分裂病型、妄想性、反社会性、境界性、自己愛性、演技性、回避性、依存性。勉強になった。
  • なぜいい人は心を病むのか
    日本における一般的な"いい人"は弱さと表裏一体の存在。どうして日本人は心を病むのかその手がかりになる一冊です。
    臨床心理士の実態と、外国との差。厚生労働省の認識には改善が必要か。
  • ボーダーラインの心の病理 自己不確実に悩む人々 [改訂新版]
    外国の研究の紹介だけでなく、著者自身の臨床経験、研究成果も含まれて書かれている点がよかった。
    ボーダーラインを症状で診断するだけでなく、ボーダーラインの本質は自己同一性の曖昧さと衝動性の抑制ができないことによる、と書かれていた点も、スッキリしていてわかりやすいと思った。
  • 絶望がやがて癒されるまで 精神科医が語るこころの処方箋
    心の重荷をとってくれるような本何かないかな…、と思いながら探してて、ふとタイトルにインパクトに感じて手に取ってみたら、吉本ばなな氏との対談つきということにピピッときて読んでみました。
    精神科医の著者は、不幸とか絶望の淵にたっている患者たちを何人間近で見てきたし、ご本人も幼いときの家庭環境が大家族で精...続きを読む