自分を消したいこの国の子どもたち [傷つきやすい自尊心]の精神分析

自分を消したいこの国の子どもたち [傷つきやすい自尊心]の精神分析

作者名 :
通常価格 1,200円 (1,091円+税)
獲得ポイント

6pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

著者は言います。「今の青少年は『自分独自の存在感』が非常に希薄になった。他方で、母親の過保護で自尊心が自分の背丈以上に高まり、些細なことで決定的に傷つく。このため、簡単に『こんな人生(自分)だったら消してしまいたい』となってしまう。いじめられて引きこもってしまったり、自殺してしまったり、犯罪に走って自分の人生を破滅させようとしてしまう」と。序章/青少年の心に何が起きているのか。いじめ、不登校、引きこもり、少年犯罪などに心を痛め、思春期の子どもを持つ親として不安な日々を送る大人たちに、精神科医が豊富な臨床経験に基づいてアドバイスします。

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
200ページ
電子版発売日
2014年03月14日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

自分を消したいこの国の子どもたち [傷つきやすい自尊心]の精神分析 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています