河合香織の一覧

「河合香織」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/07/31更新

ユーザーレビュー

  • 新型コロナウイルスを制圧する ウイルス学教授が説く、その「正体」
    ウイルス学の権威 東大医科研の河岡教授への対談本。
    面白い。
    分かっていることと分かっていないことを、冷静に解説してくれているので、こういう本が重要。マスコミは煽るだけで役に立たないので、今は自分で知識を身につけな、と思わせてもらました。
    正しく恐れて、ストレスなく、日常生活を送りたいものです。
    ...続きを読む
  • 選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子
    内容(「BOOK」データベースより)
    その女性は、出生前診断を受けて、「異常なし」と医師から伝えられたが、生まれてきた子はダウン症だった。函館で医師と医院を提訴した彼女に会わなければならない。裁判の過程で見えてきたのは、そもそも現在の母体保護法では、障害を理由にした中絶は認められていないことだった。...続きを読む
  • 選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子
    ◯テーマは出生前診断の誤診で生まれてきた子に関する裁判の経緯と、当事者の思い。正解がなく、それでいて個人の主張がハッキリと出るため、大変興味深い内容である。
    ◯ただ、ノンフィクションだと思って読んでいると、筆者の表現が大仰に感じることがあった。(苦海浄土の完成度を思い出す)どちらかというと、もう少し...続きを読む
  • 選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子
    私は40歳で出産を迎えたので、出生前診断を一度は考えました。けれど受けませんでした。

    「運を天に任せる」といった、ある意味、無責任な理由からです。もし診断を受け、染色体異常などが見られたとしたら、どのように向き合ったら良いのかを考えると、運を天に任せるしかなかった、ということです。

    本書では、命...続きを読む
  • 選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子
    命の選択について考えさせられる。
    中絶も、今の日本の法律の上でグレーゾーンで行われている実態ついても知らなかった。
    これから医療技術の進歩によって、出生前に色々な情報がわかるようになると、どこまで親が産む産まないを判断する権利を持つべきなのか。