安冨歩の一覧

「安冨歩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 超訳論語
    学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや。これが論語の基礎。学習という概念を人間社会の秩序の基礎とする思想。これは偉大な発明だ。
  • 「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂
    「東大話法」シリーズ四冊目とのこと、あとがきが感動的である。歴史家かくあるべし。テイストは『ジャパン・イズ・バック』を思い出した。戦前〜戦後史、歴史は「物語」としてしか理解されない、その物語に引き込まれる説得力。前半の辛口な学歴エリートの生態から面白いのですが、後半、commitment や、懐疑主...続きを読む
  • 超訳論語
    この本と著者の選書である『生きるための論語』との併用が、
    好ましいと思います。
    どうして、この著作で語られているような解釈になったか(普通の論語テキストは
    性質が異なります)が、『生きるための論語』に記されています。
    非常に参考になると思います。

    また、著者の『論語』三部作、①『生きるための論語』...続きを読む
  • 老子の教え あるがままに生きる
    老師の教え 安冨歩 ディスカバー21
     
    ものごとは常に変化しながら生まれては滅ぶ
    その危うさをおそれる必要はない
    それどころかあなた自身が
    可能性に満ちた者であることを理解できれば
    先の見えない不安から開放されて
    創造の喜びを冒険できるだろう
     
    239ページからの解説を読めば
    本文よりも深くタオ...続きを読む
  • 満洲暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦
    その昔、「共通一次試験」という時代のことじゃ。選択授業の日本史教師が「受験対策はしない」と言い放ち(日教組で有名だった)、好きなことを話した授業が「高校の日本史が届かない」と言われる近代史、満州事変であった。これが滅法面白く、夢中でノートを取ったのも今は昔。現代の日本人は満州について何も知らない。け...続きを読む