超訳論語 革命の言葉 〈エッセンシャル版〉

超訳論語 革命の言葉 〈エッセンシャル版〉

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

本書は、私自身が、この世界を生きるためのよすがを求めて、論語の言葉の響きを聞き取った、その報告である。
論語という、二千数百年という時間を越えてこの私に届いた奇跡の言葉には、人々の心を響かせてきた、
何かがあるはずだ。
私はその何かを聞こうとして、多くの知識を蓄えつつ、耳を澄ませてきた。
その響きを本書ではお伝えしたいと思う。
もちろん本書は、徹底して客観的たらんとしつつ、同時に、徹頭徹尾、主観的な書物である。
それゆえ、ここに書かれていることを、決して鵜呑みにしないで頂きたい。
一つ一つの言葉が、役に立てば役に立て、役に立たなければ、捨てて欲しい。
そして、論語について何かを誰かに言いたい、と考えたなら、必ず原文に当たり、
本当に私が聞き取った響きが聞こえるかどうか、読者自ら確認してほしい。
もし違った響きが聞こえたら、それがあなたにとっての論語なのであり、その響きを大切にして欲しい。
本書はそのための手がかりに過ぎないのである。
(「序」より 著者よりコメント)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
シリーズ
超訳シリーズ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年10月22日
紙の本の発売
2016年10月
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

超訳論語 革命の言葉 〈エッセンシャル版〉 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月05日

    生きていく上で教訓にしていきたいことというのは、こんなに昔から現代に至るまでほぼ変化していないのだな、と思いました。そもそも論語にはどんな内容が書いてあるのか、をザッと把握するに適している本だと思います。興味を持った部分の原文を読み、漢字の意味などを調べていくと面白いのではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

超訳論語 革命の言葉 〈エッセンシャル版〉 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング