ドラッカーと論語

ドラッカーと論語

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

長きにわたって読み継がれる
「経営者の二大経典」が一挙にわかる画期的書!

孔子の『論語』とドラッカーの『マネジメント』。 両者が生きた時代はまったく異なるが、『論語』と『マネジメント』で語られる「組織」、そして人間の生き方という部分では、本質的な共鳴を見せている。
 難解な『マネジメント』を読み解くため、『論語』をサブテキストとして用いる。一見すると奇をてらったような手法に見えるが、実はドラッカーを理解する「近道」だと私は考えている。
 東西の2人の知の巨人が後世に生きる我々になにを伝えたかったのか。読者の皆様がそれを理解していく上で、本書がその一助になれば幸いである。(序章より)


【主な内容】
はじめに ドラッカーと孔子の対話
 序章 もしドラッカーが『もしドラ』を読んだら

第1部 ドラッカー思想の本質
 1章 マネジメント<徳治>
 2章 マーケティング<知己>
 3章 イノベーション<学習>

第2部 ドラッカー思想の歴史的意義
 4章 全体主義<組織の罠> 

第3部 ドラッカー思想の現代的意義
 5章 情報<コンピューターの衝撃>
 6章 ポスト資本主義<組織解体の時代の組織>
 終章 未来への道

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年06月20日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ドラッカーと論語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月25日

    素晴らしい本です。ドラッカーを儒学を代表する論語で読みとくというのは、日本人のこころにあっているし、マネジメントの本質を理解しやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月14日

    論語とマネジメントの解釈に賛否両論ありそうだけど、今や解釈に正解のない古典を自分のものにした人だからこそ語れる内容だと思う。精読、積読したい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月31日

    ドラッカーと論語 安冨歩 東洋経済新報社

    孔子の論語は暮らしの中で少々染み込んではいたけれど
    ピーターFドラッカーによる「マネージメント」の提唱も
    岩崎夏海の「もしドラ」も知らずにこの本を読みだしたので
    最初の二ページを読むまでちんぷんかんぷんだった

    マネージメント《徳治》武力によらず徳を持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月03日

    ドラッカーと論語の共通理解を示しながら、仁の重きについて述べており、とても興味深く考えさせられる内容であった。論語とドラッカーを個々に読んでみたいと感じた。ドラッカーのエッセンシャル版の捉え方が大きく変わり、もしドラを以前読んだことがあったが、流行としてのドラッカー火付け役としては意味があるが、内容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月03日

    マネジメント、エッセンシャル版は本質を伝えてないんだと言うことがこれを読んでよく分かった。論語の解説も面白く、古典を旅する学問の面白さの一端にも触れられたような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月26日

    孔子の『論語』をサブテキストにしてドラッカーの『マネジメント』を読む解こう、という主旨の本です。ドラッカーも『論語』も、雑誌や新聞の「経営者おすすめ本!」みたいな特集でたびたび紹介されるのですが、いまいち自分には良さが分かりかねておりました(どっちもただの観念論じゃないか、宗教かこれは、みたいに思っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    旭山動物園のミッションは人類に野生動物のものすごい迫力を思い知らせること
    組織を構成するのは、人間である。人間の集まりを運営する事は人間にしかできない。どんな技術が進歩しても、機械やシステムは仁たりえない
    1.真剣に自分を知る努力をする
    2.他人のことを理解することができるようになる
    3.その結果、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ドラッカーと論語 に関連する特集・キャンペーン