【感想・ネタバレ】ドラッカーと論語のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年02月15日

投稿日 2014-11-09 10:11:00
論語を通じてドラッカーを解釈する本。

といっても、それほど驚くことではないかもしれない。
なぜなら、日本の資本主義の創設者(?)の渋沢栄一は、すでに経営を論語を通じて、論じていたわけだし、日本のビジネスマンの必読書として、「論語」をわきにおいて仕事を...続きを読むしている人も結構いるんじゃないかな?(私もそう)

が、安富さんが主張する「論語」の読みは、「フィードバックを伴う学習のプロセス」ということ。これはかなりの驚きで、これまで読んできた「論語」はなんだったんだ!と目から鱗が落ちまくりなんです。

これって、もうセンゲの「学習する組織」そのものだよね。
(センゲも、南懐瑾を通じて、多分「論語」は読んでいて、影響を受けていると思われる)

ということで、その安富さんが、ドラッカーをどう読みか?というのは、かなり注目。

安富さんが「論語」をこう読むという部分は、すでに他の本で知っていたのだけど、それにもとづくとドラッカーがこうなってしまうんだ、というのは、かなり納得性が高いです。
内容は、ぜひ読んでください。

で、なるほどと思ったのは、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を「もし、ドラッカーが、「もし高校・・・を読んだら』を読んだら」というところ。ここの部分は、たんに「つかみ」じゃなくて、かなりこの本のエッセンスに近いところにあるんですね。

つまり、マネージャーがもつべき根本的な資質としての「真摯さ」という翻訳の問題。
(「もしドラ」では、ここを読んで、主人公の女子高生は嗚咽する)

安富さんによると、原語は、”Integrity of character"で、直訳すれば、「人格の統合」つまり一個人として一貫性があるという意味のはず、「真摯さ」というのは、誤訳に近いのではないか?ちなみに「マネジメント」の最初の翻訳本では、「人間としての誠実さ」となっている。こうした原語により近い解釈があるにもかかわらず、わざわざ「真摯さ」という翻訳にしてしまったのは、確信犯ではないか。

つまり、日本の社会では、「人格の統合」、「学習する組織」用語では「自己マスタリー」、「言行一致」、西水美恵子さん用語では、単純に「本気」、というものが、機能しにくい。多分、それをやるとその人はいじめられてつぶされるので、日本にドラッカーを根付かせるために、上田惇生さんが「真摯さ」としたのではないか、という問題提起なんですね。

本当に、そのとおりだと思いました。
今の日本で、みんなが、「人生の目的」と「仕事の目的」の統合に進んだら、きっと会社的、社会的に大混乱なんでしょうね。(でも、私は、そうしたことが当たり前になる組織、社会になればいいと願っているんだけど)

でも、著者は、「真摯なドラッカー」は、賞味期限切れだと指摘します。
と同時に、現在でも、日本では、「人格の統合」は機能しないのではないか、とします。

というところで出てくるのが、「論語」を通じて、ドラッカーを読むという戦略だったんですね。西洋的な「人格の統合」という概念は、東洋の「論語」が本当は言いたかったことなのだ、というルートから「人格の統合」の必要性を訴えて行こうという戦略なんですね。

あー、素晴らしいな!

この発想って、渋沢栄一が、日本に資本主義を導入するときに、そのベースとして必要となる倫理性を論語に求めたのと同じ発想、同じ戦略なんですね。(西洋では、「プロテスタンティズム」の倫理性が資本主義の精神なのかな?)

いやいや、ドラッカーって、スゴいなと思いつつ、なんだかストイックな感じが今ひとつ好きになれなかったんですけど、「人格の統合」であったり、安富流の「論語」であるならば、大賛成ですよ。

上田惇生さんの訳でないドラッカーを読まなきゃ、という気分になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月25日

素晴らしい本です。ドラッカーを儒学を代表する論語で読みとくというのは、日本人のこころにあっているし、マネジメントの本質を理解しやすい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月14日

論語とマネジメントの解釈に賛否両論ありそうだけど、今や解釈に正解のない古典を自分のものにした人だからこそ語れる内容だと思う。精読、積読したい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月31日

ドラッカーと論語 安冨歩 東洋経済新報社

孔子の論語は暮らしの中で少々染み込んではいたけれど
ピーターFドラッカーによる「マネージメント」の提唱も
岩崎夏海の「もしドラ」も知らずにこの本を読みだしたので
最初の二ページを読むまでちんぷんかんぷんだった

マネージメント《徳治》武力によらず徳を持...続きを読むって目指す政治
           目的を定めた行為
マーケティング《知己》己と相手を知ることでニーズを生みだすコミュニケーン 
イノベーション《学習》手段としての経済を支える生産組織や制度と市場や製品の開発
           シェアはイノベーションを起こさない
           
ポスト資本主義は組織を解体するための組織
機械化の危険性・ブラック企業の小人化・情報を握る者・関所の消滅とコミュニケーション
P2P・企業とNPO・

常識人の常識を守りつつその標識を揺るがす・賞味期限の切れた真筆なドラッカー・
intrgrity of characterは真筆さや誠実さでなく
人格の統合=人として一貫性が有る=仁(歪められてブレることのない人格)
立場主義の日本では人格を省いた真筆さと言う誤訳があったからこそ
ドラッカー思想が受け入れられたのだと安冨さんは言う(p238)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月03日

ドラッカーと論語の共通理解を示しながら、仁の重きについて述べており、とても興味深く考えさせられる内容であった。論語とドラッカーを個々に読んでみたいと感じた。ドラッカーのエッセンシャル版の捉え方が大きく変わり、もしドラを以前読んだことがあったが、流行としてのドラッカー火付け役としては意味があるが、内容...続きを読むは疑わしいと理解した。何度か読み返してみたい一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月03日

マネジメント、エッセンシャル版は本質を伝えてないんだと言うことがこれを読んでよく分かった。論語の解説も面白く、古典を旅する学問の面白さの一端にも触れられたような気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月26日

孔子の『論語』をサブテキストにしてドラッカーの『マネジメント』を読む解こう、という主旨の本です。ドラッカーも『論語』も、雑誌や新聞の「経営者おすすめ本!」みたいな特集でたびたび紹介されるのですが、いまいち自分には良さが分かりかねておりました(どっちもただの観念論じゃないか、宗教かこれは、みたいに思っ...続きを読むておりました)。そんなわけで「自分にとってつまらない本の上手な読み方」を学ぶのに良い本ではないかと思って購入しました。

著者は大前提として、"ドラッカーのマネジメント思想は、全体主義との戦いのための思想"であると述べ、そして『論語』の「政」の思想がドラッカーの「マネジメント」の先駆である、とみています。わたしはこの大前提を理解していなかったが故に、どちらの本も単なる精神論としか受け止められなかったのかもしれません。彼らの問題意識はここにあったのです。

また、わたしのような浅学が『論語』を読んでいると、全体のキーワードと思われる「仁」という概念の位置づけにどうしても戸惑います。著者は次のように述べています。簡潔明瞭な定義だと思います。これを元に、ドラッカーによる「フィードバック」という概念へと接続されていきます。

"この「仁」については後ほど詳しく述べるが、私は以下のような結論に至っている―――学習回路をひらいている状態が「仁」であり、仁たりうる者を「君子」と呼ぶ。―――「学び」と「習い」の喜びを知り、それがない者にも穏やかに接することができるものこそが「君子」である"

本書の一番おもしろいところは第4章だと感じました。ここで著者の論旨は、これまでの常識を覆すひとつの結論に至ります。

"(…)多くの人が抱いている『マネジメント』についてのイメージ、つまり組織運営のやり方を説いた本だという認識は大きな誤りである。同時に、『論語』に対する、古臭い道徳を垂れる退屈な本とか、保守的道徳の拠りどころとなる好都合な本、というイメージはもっと間違っている。『論語』はいつの時代でも先鋭的で過激な本なのだ"

その他印象的だった箇所は、法家と儒家をネットワークで例えた以下の文章です。わかりやすい。"秦帝国が崩壊して成立した漢帝国で採用されたのは、法家ではなく儒家であった。儒家は法家とどう違うのだろうか。そのポイントは、サーバー/クライアント型の秩序形成の不可能性を主張し、P2P型のネットワーク的秩序形成を主張した点にある"

いささかアクロバティックな解釈(特に第5章)や、断定口調が気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、『論語』を読むためのサブテキストとしては非常におもしろい一冊だと思いました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月01日

旭山動物園のミッションは人類に野生動物のものすごい迫力を思い知らせること
組織を構成するのは、人間である。人間の集まりを運営する事は人間にしかできない。どんな技術が進歩しても、機械やシステムは仁たりえない
1.真剣に自分を知る努力をする
2.他人のことを理解することができるようになる
3.その結果、...続きを読む自分を他人に理解してもらうことができる
ドラッカーは、コンピューター内にある情報は所詮、組織内部のデータに過ぎないと述べ、組織が必要としている情報は組織の外にあると断言している
今や、顧客が情報を持っている。誰であれ、情報を持つものが力を持つ

このレビューは参考になりましたか?

「ビジネス・経済」ランキング