ユッシ・エーズラ・オールスンの一覧

「ユッシ・エーズラ・オールスン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/01/15更新

ユーザーレビュー

  • 特捜部Q―自撮りする女たち―
     スウェーデンを中心とする北欧ミステリだが、デンマーク発のミステリと言えば、このシリーズだろう。第3作までは映画化されたものをWOWOWで観ているが、第四作『カルテ番号64』は今年になっての上映。映画化されたものに比べて、作品はカール・マークの独白による描写が多く、リズミカルでコミカルで明るいイメー...続きを読む
  • 特捜部Q―檻の中の女―
    「ミレニアム」などと一緒に北欧小説の金字塔的な感じで紹介されていて手に取る。
    タイトルから勝手に「ジョーカー・ゲーム」の「D機関」を連想してて
    スパイ小説ではなく警察小説だと知って驚き、エリート集団なのかと思いきや、一匹狼のおっさん刑事カールがていの良い左遷先として作られた国内の未解決事件を取り扱う...続きを読む
  • 特捜部Q―自撮りする女たち―
    「特捜部Q」もシリーズ7作目。
    デンマークの大人気ミステリです。

    地下の特捜部に追いやられているカール・マーク警部。
    部下はほぼ警官ですらないメンバーで回しているが、事件の解決率はかなりのもの。
    今回は秘書のローセに焦点が当てられています。

    福祉国家として知られる北欧のデンマーク。
    福祉事務所に...続きを読む
  • 特捜部Q―自撮りする女たち―
    今作は良かった。始め、これらがどんなふうに収束するのか不安だったけど最後はそれぞれの事件が一応落ち着いた。
    ローセの父親殺しの犯人達はいきなりカールが詰め寄って自白させて解決。これはいきなりすぎた。元々見当はついていたけどローセの状態が悪くなったので切羽詰まって、というところだろうか。
    ジェームズの...続きを読む
  • 特捜部Q―自撮りする女たち―
    シリ-ズもの。カールと愉快な仲間たち…的なシリ-ズてのはずが、今回もまた重たい(涙)
    ロ-セの過去が明らかになり仲間たちを巻き込んでの命がけの事件関わりっぷり~。
    また、題にもある『自撮りする女たち』のダ-クで一切未来も見えず破滅へまっしぐらの生活保護を受ける女たちと、公務員女性。

    さっぱり明るく...続きを読む

特集