翔田寛の一覧

「翔田寛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 左遷捜査 : 2 迷宮入り事件
    シリーズ2作目。捜査の筋がひとつではないところが、この作者の特徴。警察小説は私にとって手軽な娯楽。次回作の出版が待ち遠しい。
  • 左遷捜査 法の壁
    ベテランと若手刑事コンビはよくあるが、人物設定に工夫があって、事件解決はもとより、読みながらすでに続編を期待する気持ちも。長くシリーズが続くとうれしい。 #今日の一冊
  • 真犯人
    容疑者、警察官、それぞれ人物描写が等しく丁寧で、最後まで誰が犯人かわからない面白さ。ドラマ化されたのも然るべし。
  • 真犯人
    とある殺人事件が、41年前の誘拐殺人事件の関係者
    だったことから誘拐殺人事件についてもふたたび
    捜査されることに。
    誘拐殺人事件については時効前に再捜査がされていた
    その内容が半分以上となっている
    再捜査の流れと結末、そしてそれに絡む殺人事件の行方

    とても楽しめました
  • 左遷捜査 : 2 迷宮入り事件
    翔田寛『左遷捜査 2 迷宮入り事件』双葉文庫。

    シリーズ第2弾。前作は非常に面白かったので、期待は大きい。

    結論から言えば、前作に負けず劣らず本作も非常に面白かった。大当りだ。一つの殺人事件をきっかけに過去の事件と事件関係者の過去が連鎖的に次々明らかになっていくプロットは読み手を全く飽きさせない...続きを読む