加納新太の一覧

「加納新太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    ラストピースがはまった感じ。
    4つの視点を通して、三葉(と宮水家)の輪郭がより明確になり、かつ映像やノベライズでの疑問符が解消された感じ。サイドストーリーなんだろうけど、むしろ核心ではっ思える部分もあって・・・とにかく、自分の中ではこれがあって完成完結。

    時間あいちゃったけど、読んでよかった。
  • 君の名は。Another Side:Earthbound 02
    四葉も実は入れ替わっていた! という「アースバウンド」と、三葉の父:俊樹の人となりが掘り下げられる最終章「あなたが結んだもの」からなる後編。そうそう、あの親父に関しての描写はものすごく重要な筈だが、ここを描くと長くなって映画が冗漫になってしまうから、削らざるを得なかったのだ。映画本編にこの物語をムス...続きを読む
  • 君の名は。Another Side:Earthbound 01
    『君の名は。』はけっこう行間の多い映画だったが、その行間を埋める役割を果たすのが、この『Another Side:Earthbound』になる。1巻では、瀧(ポニーテール三葉)とテッシーが悪友みたいになっていく過程が楽しい「ブラジャーに関する一考察」「スクラップ・アンド・ビルド」。
  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    君の名はのova。本編では描かれなかったシーンが良かった。特に三葉の父親は本編の核心に近いぐらいの内容だった。厳格な父だったかと思いきや、(そんな過去があったのか..)、と同情した。三葉の一族や周囲の人々は昔から続く文化のせいか、宗教っぽさがある上、三葉の祖母も意味不明なことを言っていた。本編自体が...続きを読む
  • 小説 雲のむこう、約束の場所
    登場人物の細かい動作全てに繊細に意味の込められた素敵な作品。
    誰かのために、何かのために全てを差し置いてひとつのことを成し遂げようとすることの素晴らしさ、悲しさ、私自身何か一つでもこのような物が欲しいと思った。