「加納新太」おすすめ作品一覧

「加納新太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/15更新

ユーザーレビュー

  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    君の名は。のサイドストーリー 三葉に入った瀧の視点、勅使河原の視点、四葉視点、そして三葉の父の視点で語られる君の名は。本編の前、そして間を繋ぐ物語 前前前世にのせて流されていった入れ替わりの日常の一ページと、瀧が持っていた三葉の印象について書かれている。てっしーの町に対する思いもわかる。 四葉の話は...続きを読む
  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    映画『君の名は。』本編と絡めてサブキャラクターを掘り下げる、オムニバス形式の外伝。三葉と入れ替わった瀧がブラジャーについてアレコレする「ブラジャーに関する一考察」、テッシーこと勅使河原の悶々とした日常をえがく「スクラップ・アンド・ビルド」、四葉が体験するふしぎな"ムスビ"の物語「アースバウンド」、そ...続きを読む
  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    ほしかった物語がここにあった。三葉のお父さんの物語!
    これを読んで本当に「君の名は…まさか…!?」がわかる。おすすめ!!



    映画シナリオ協力者が書いているからホンモノである。
    ありがたい物語の補完編である。


     新海誠が作品をつくるにあたって、もっと深くシナリオを描きこんでいるんだろうと思って...続きを読む
  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    基本、映画を見てから読むものだとは思うけど、読んでなくてもそれなりに楽しめると思う。そのくらい、ちゃんと書き込まれている。
    瀧視点の話は映画の雰囲気そのものという感じが良かったし、テッシーと四葉視点の話も、二人の考えがよく分かって良かった。どちらもいい脇役だ。サヤちんも。
    でも一番良かったのは、三葉...続きを読む
  • 君の名は。 Another Side:Earthbound
    一番深入りさせてくれたのは、やはり最終話でした。一体何が町長の避難の決断をさせたのか。本編で非常に疑問に思っていました。 さらに、二葉との出会いも描かれており、この本にて、本編の補完ができたのかな、と思いました。 本編の各登場人物の後日談も知りたいところですが、これは読者のご想像にお任せ・・・という...続きを読む

特集