【感想・ネタバレ】君の名は。 Another Side:Earthboundのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ購入済み

君の名は。

いま 2016年09月09日

映画も見て小説も読んでいたが、どうして三葉の父が全住人を避難させる説得に応じたのかわからずずっと疑問に思っていたが、この本を読んでようやく全ての謎が解決しスッキリしました。ここまで読んでようやく全てが結びつく、1人1人の物語があって、それで物語が完成する。ひさしぶりにハマる映画・小説に出会えました。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

補完

フラフラ 2016年09月03日

君の名は
異なる視点から、世界の補完。

もう一度映画をみたいって気持ちが強くなります。
おすすめ!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

映画の補完ストーリーです

イザ 2016年09月10日

君の名は。をもっと好きになりました。映画鑑賞後に絶対読むべきです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月19日

ラストピースがはまった感じ。
4つの視点を通して、三葉(と宮水家)の輪郭がより明確になり、かつ映像やノベライズでの疑問符が解消された感じ。サイドストーリーなんだろうけど、むしろ核心ではっ思える部分もあって・・・とにかく、自分の中ではこれがあって完成完結。

時間あいちゃったけど、読んでよかった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月27日

君の名はのova。本編では描かれなかったシーンが良かった。特に三葉の父親は本編の核心に近いぐらいの内容だった。厳格な父だったかと思いきや、(そんな過去があったのか..)、と同情した。三葉の一族や周囲の人々は昔から続く文化のせいか、宗教っぽさがある上、三葉の祖母も意味不明なことを言っていた。本編自体が...続きを読む謎めいた表現で包まれたり。三葉の父親は、そんな世界に反した現代人に見える。代々続く風習を嫌い、普通の生活を望む人。何事の価値観にも染まりたくない僕ら現代人にそっくり。結局、最後の最後で三葉の父親は祖母が言っていた言葉を理解したが、複雑だなぁ。誰も理解してくれない中で生きてきた。そもそも三葉の母親と結婚すべきじゃなかったかもしれない。そうすれば厳格にならない人になってただろうに。でも逆に、政治家になったことが結果的に隕石から人々を救ったのだから、どっちがいいかは言い切れない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月21日

君の名は。の欠けていたピースというか、語られていなかった余白の部分がまたひとつ埋まった。なんでもっと早く読まなかったんだろう。

宮水家やテッシーが糸守を愛しているのならば、彼らは今は東京にいるけれども、いつか糸守に、何らかの形で戻るのだろうか。そうであって欲しいなと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月10日

映画を観た人はこちらをすすめます。
より深く掘り下げられているので、
映画→小説→映画の順に見れば、
より楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月01日

君の名は。のサイドストーリー 三葉に入った瀧の視点、勅使河原の視点、四葉視点、そして三葉の父の視点で語られる君の名は。本編の前、そして間を繋ぐ物語 前前前世にのせて流されていった入れ替わりの日常の一ページと、瀧が持っていた三葉の印象について書かれている。てっしーの町に対する思いもわかる。 四葉の話は...続きを読む本編では尺が足りなかったのだろうけど是非とも盛り込んで欲しかった。 そして父、俊樹の話は彼がなぜ頑なになっているのか。そして最後に避難させる決断をしたのか理由がよくわかる。 読んだらもう一度本編が見たくなる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月10日

映画『君の名は。』本編と絡めてサブキャラクターを掘り下げる、オムニバス形式の外伝。三葉と入れ替わった瀧がブラジャーについてアレコレする「ブラジャーに関する一考察」、テッシーこと勅使河原の悶々とした日常をえがく「スクラップ・アンド・ビルド」、四葉が体験するふしぎな"ムスビ"の物語「...続きを読むアースバウンド」、そして三葉の父・俊樹の主役編「あなたが結んだもの」からなる。

三話目までのコミカルなノリはもちろん、連城三紀彦の短編を思わせる重くシリアスな四話目もおもしろい。映画を気に入った人には是非とも手にとってほしい、最高のサブテキストである。

あ、映画気に入らなかった人はどうせコレ読んでも「こういう部分まで含めてちゃんと描ききらないと駄目だろ、不親切だ」とか文句いうから、読まなくていいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月08日

ほしかった物語がここにあった。三葉のお父さんの物語!
これを読んで本当に「君の名は…まさか…!?」がわかる。おすすめ!!



映画シナリオ協力者が書いているからホンモノである。
ありがたい物語の補完編である。


 新海誠が作品をつくるにあたって、もっと深くシナリオを描きこんでいるんだろうと思って...続きを読むいたのだが、公式ノベライズでもそれほど語られなくって、フラストレーションがたまっていた。でも、この本のおかげでカタストロフィを迎えることができた。

 なんというか、組紐によってつながる「縁-えにし-」が映画本編のようなPOPな軽いものじゃあないよなぁと思っていたのである。しかし、文化人類学者のお父さんである溝口俊樹が関わることによって、神話的な物語が関わるようになってきて、ようやっと『君の名は』の奥深さが感じられるようになった。


 子供の恋愛というPOPなところを前面に押し出した映画本編。あえてそうしたんだね、エンターテイメントだから。
 でも、神話と部落の閉鎖的人間関係とかの重い話題は、映画に出せなかった。だから映画本編は物足りなく感じた。
 きっと新海誠も苦しかっただろう。この裏の部分を映画でかけなくて。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年10月05日

基本、映画を見てから読むものだとは思うけど、読んでなくてもそれなりに楽しめると思う。そのくらい、ちゃんと書き込まれている。
瀧視点の話は映画の雰囲気そのものという感じが良かったし、テッシーと四葉視点の話も、二人の考えがよく分かって良かった。どちらもいい脇役だ。サヤちんも。
でも一番良かったのは、三葉...続きを読むの父の話。
二葉との馴れ初めや神道の話も興味深かったが、なぜ父が宮水家を出て町政に携わっているのか、何故映画ラストでの三葉の話を受け入れられたのか、がこれを読むとちゃんと分かってストンと落ちるようになっている。
そこは映画を見てもよく分からない部分だったので、この補完が非常に意味があるものになっていると思う。というか本当はこの背景はもう少し映画本編に入れて欲しかったなあ。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

本編を読んだ上で読むべき

コバやん 2016年11月07日

本編の日常パートの補足と、瀧と三葉を取り巻く人たちの視点で語られるストーリーが素敵。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

映画内容を補間したい人向け

materna 2016年09月04日

映画で語りきれない部分と主要キャラクターの別視点からの話なので映画を見た後に読む事薦めます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月25日

この前見た、「君の名は。」のサイドストーリー。
瀧、テッシー、四葉、お父さん、どのお話もすごく良くできていた。
特に四葉とお父さんの話は感動したなぁ。
四葉も既に「入れ替わり」が始まっていたとは…!
そして、お父さん。
どれだけ娘たちのことを思い、どれだけ妻のことを思い続けたのか。
妻が亡くなってか...続きを読むら娘たちに冷たい態度をとり続けていたけど、成長した娘の姿を妻と重ねていたから、きっとこの後は柔らかく接していくんだろうな〜。
この本を読んで、もう一回映画を見たらまた違ったところで涙が流れるのかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月26日

君の名は。は良い映画でした。これは、映画では語られなかった部分をていねいに書いてあります。なるほどそうだったのかと。特に三葉と四葉の父と母の出会いの話は良かった。また、映画を観てみたいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月28日

映画「君の名は。」のアナザーサイドストーリー。
瀧くん、テッシー、四葉、お父さん目線で書かれている。

特に三葉と四葉のお父さんの章が良い。

この本で語られている登場人物の背景や思いを知った上で、もう一度映画が見たくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月01日

Audible。映画の声優がやっているので、それはとてもよい。ヒロイン役の上白石さんが話している1〜3話は、ストーリーに沿った話なので、そんなに発見があるわけではない。好きな人向け(なので、私にはよかった)。4話は映画のクライマックスを補完する内容になっており、完全に毛色が違う。(私のような)映画何...続きを読む回も観たという人は読むべきですね。伏線がめちゃめちゃ回収されます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月21日

映画では描かれなかった感情とか過去とか、読めて良かった。登場人物がより立体的になったし、なぜ三葉の父が最終的に町民を避難させるに至ったのか、についても納得した。簡単に、入れ替わり、とは言うものの、実際に生活するにあたっては難しい局面は多いし、テッシーは意外に地に足の着いた考えを持っているし、興味深か...続きを読むった。
映画を観て、そしてこの本を読むべきだと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月02日

大ヒット映画『君の名は。』の外伝的小説。

宮水三葉をメインに取り扱ったもので、瀧君はほとんど出てこず。
それでも、宮水神社の由来などを知ることができて面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

映画版にシナリオ協力として参加した著者による、瀧、親友の彼で友人の勅使河原、妹の四葉視点の三葉の日々と、三葉の父母の馴れ初めの四編。瀧の入れ替わった三葉の三編が活き活きとしてとても良い。著者の違いによる違和感は全くなく、コミカルな日常の掘り下げが密で心地好い。姉妹の神社の娘としての役割も興味深い。

このレビューは参考になりましたか?