辻真先の作品一覧

「辻真先」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/02/13更新

ユーザーレビュー

  • 盗作・高校殺人事件
    キリコと薩次のコンビは高校生になっても健在。
    そこに、あんなシーンもあるなんて、やるねぇ。
    探偵2人の軽妙さに比べて事件はなんとも重い。
    高校生カップル2組とのやり取りはそれぞれに個性的で楽しいのに。
    作者は被害者で犯人で探偵というのはどういうことか。
    幕間に挟まれる一見関係なさそうな話はどう繋がる...続きを読む
  • 改訂・受験殺人事件
    受験戦争か。
    辛いね。
    キリコと薩次にはそういう悲壮さはまったくないのが救い。
    でも、事件の真相は、、、
    2人なら、きっとそれを乗り越えていける。
    卒業後の2人を描いた作品がないのは残念。
  • 仮題・中学殺人事件
    ザ昭和な感じがたまらない。
    雰囲気にどっぷり浸って堪能した。
    その上、犯人は読者って、どんな仕掛けがあるのか、わくわくする。
    主人公は、中学生の薩次とキリコ。
    気が強くて有能な美少女と、ちょっと気弱なポテトくん。
    この2人の掛け合いがまた楽しい。
    キリコの兄もナイスキャラ。
    幕間に挟まれる、一見関係...続きを読む
  • 焼跡の二十面相
    乱歩の描く少年探偵団の空白の時代を埋める、辻真先版小林くんと二十面相。めちゃくちゃ面白かった。

    終戦直後の8月の東京、明智先生の復員を1人待つ小林くんの前に、暴走する輪タクを追う旧知の中村警部と出会い、追跡を手伝うものの、池に落ちた輪タクからは死体が。

    戦後すぐの生々しい焼け跡とそこに住む人々、...続きを読む
  • たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説
    「犯人はお前だ!」から始まり「ヘェ、私が犯人?」に終わる小説でした。
    鉄道ファンの私も唸る当時の鉄道描写もさることながら終戦後の混乱期のままならなさがとても印象的でした。
    偶々手にした本でしたがとても面白かったです。辻先生のほかの本も読んでみます。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!