伊豆原弓の一覧

「伊豆原弓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊豆原弓(イズハラユミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1966年
  • 出身地:日本 / 神奈川県

上智大学文学部英文学科卒。『コンサルタントの道具箱 勇気と自信がもてる16の秘密』(ジェラルド・M・ワインバーグ)、『現場力を引き出すリーダーの条件 「オーケストラ型」マメジメント』(ダナ・アーディー)、『ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解』(トム・デマルコ)などの翻訳を手がける。

作品一覧

2015/08/28更新

ユーザーレビュー

  • あなたのチームは、機能してますか?
    小説仕立てで臨場感を感じる。
    喩えで感心したのは、自分の評価だけを気にする人はチームにいらないって喩え。どんなに個人として優れていてもチームを優先させない人とは働けない。そこは譲れない一線。

    信頼の欠如<完全無欠
    衝突の恐怖<表面的な調和
    責任感の不足<あいまいな態度
    説明責任の回避<基準の低さ
    ...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    破壊的イノベーションとはすなわち技術の(飛躍的な)進化であり、研究によって生み出された新技術は資本主義の力で世の中へ浸透していくのだということがよく分かりました。世に溢れる製品に対する見方が変わる一冊です。
  • ハーバード流マネジメント講座 90日で成果を出すリーダー
    単なるリーダーシップの本ではなく、90日で組織を変革するためのリーダーシップの本。日本ではまず引き継ぐことを重視するが、新任リーダーはそのまま組織に取り込まれるリスクがある。着任してすぐに(もっと言えば着任前から)周到に行動を起こすべきなのだ。
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    やっと読めた。正直まだ内容を全て理解できたわけではないけど、正しいステップで改善を繰り返した結果いつのまにか市場が求める品質を超えてしまい、破壊的技術に淘汰されてしまう…という「良い企業」ほど陥りやすい罠があるということがよく分かった。

    結構読むのに体力いるけど、経営企画やマーケティングなど戦略に...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    ようやく読みおわった...
    この本の骨子は以下のような主張である。

    第一に 、破壊的製品のほうがシンプルで低価格 、利益率も低いのが通常であること 。
    第二に 、破壊的技術が最初に商品化されるのは 、一般に 、新しい市場や小規模な市場であること 。
    第三に 、大手企業にとって最も収益性の高い顧客は...続きを読む