「伊豆原弓」おすすめ作品一覧

「伊豆原弓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊豆原弓(イズハラユミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1966年
  • 出身地:日本 / 神奈川県

上智大学文学部英文学科卒。『コンサルタントの道具箱 勇気と自信がもてる16の秘密』(ジェラルド・M・ワインバーグ)、『現場力を引き出すリーダーの条件 「オーケストラ型」マメジメント』(ダナ・アーディー)、『ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解』(トム・デマルコ)などの翻訳を手がける。

作品一覧

2015/08/28更新

ユーザーレビュー

  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    「偉大な企業はすべて正しく行うが故に失敗する」ことをハーバード・ビジネススクールの教授が述べたもの。持続的イノベーションと破壊的イノベーションの違いから、大企業が新しい市場競争に敗れるという理論は、説得力があり面白い。印象的な記述を記す。
    「最高の顧客の意見に耳を傾け、収益性と成長率を高める新製品...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    ある製品の価値を決定する、製品やサービスの一連のつながりをバリューネットワークと呼ぶ。あるマーケットで、圧倒的に強いプレイヤーの成長が止まったり、縮小が始まるのは、このプレイヤーの強力な製品群の価値を支えたバリューネットワークが崩壊することが原因であると分析している。この崩壊は避けられないため、企業...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
    クレイトン・クリステンセン

    もはや解説の必要もないであろう「イノベーションのジレンマ」について解いたクリステンセン氏の本です。
    業界をリードしていた優良企業が環境に変化に直面...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    大きい組織にいる人こそ読むべき本だけど、大きい組織にいなくてもこれから成長していく組織やまさにイノベーションを起こす立場にいる人も自戒のために読んでおくべき本。
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    製造業に携わる人々必須の1冊。

    優良企業であるほど、優良企業であるがゆえに失敗を犯す・・・。
    それは経営者が怠けていたわけでもなく、過信していたわけでもなく、それどころか顧客の意見を真摯に受け止め、製品の改良に積極的に投資してきたハズ。。。
    それなのになぜ失敗するのか??
    そしてこの優良企業(たい...続きを読む

特集