伊豆原弓の一覧

「伊豆原弓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊豆原弓(イズハラユミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1966年
  • 出身地:日本 / 神奈川県

上智大学文学部英文学科卒。『コンサルタントの道具箱 勇気と自信がもてる16の秘密』(ジェラルド・M・ワインバーグ)、『現場力を引き出すリーダーの条件 「オーケストラ型」マメジメント』(ダナ・アーディー)、『ゆとりの法則 - 誰も書かなかったプロジェクト管理の誤解』(トム・デマルコ)などの翻訳を手がける。

作品一覧

2015/08/28更新

ユーザーレビュー

  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    最高の顧客の意見に耳を傾け、収益性と成長率を高くする新製品を作り出す優秀な企業がどうして衰退してするのか。
    また、組織の能力は、人材の能力とは無関係であり、じん、資源などの入力を価値の向上というプロセスと優先事項を決定する価値基準によって決定される。
    読みやすく、腑に落ちる本であった。
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    最強に面白いし、怖い。
    「偉大な企業はすべて正しく行うが故に失敗する」
    主要顧客や株主の期待に応えて高利益率の製品を提供し続けてるうちに、全く異なる指標で評価される市場で生まれる利益率が低い製品にいつのまにか代替される。

    最近だと地銀の勘定系システムのクラウド移行が例かな。
    勘定系の評価軸は信頼性...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    なぜイノベーションにやられてしまうのか、実感した。
    企業の成長に対する期待値から必然とやられてしまうところを、どう防ぐのか、考えたいと思うきっかけになった。
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    数多の優良大手企業が、本書で言う破壊的イノベーションを目の前にし、なぜ市場での優位性を保てなくなるのか、その根源的な理由を明確に示した普遍的な名著。大手企業の経営や技術に携わる方は必読の理論だと思います。

    イノベーションのジレンマ=競争感覚を研ぎ澄まし、顧客の声に注意深く耳を傾け、新規技術に積極的...続きを読む
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版
    既存顧客のニーズを満足させる事に集中するが
    故に、新たな潮流に乗り遅れてしまうと言う
    ジレンマ。

    ビジネスの奥深さと面白さを改めて勉強させて
    もらいました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!