永山久夫の一覧

「永山久夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/07/07更新

ユーザーレビュー

  • 召しませ! お江戸ごはん 日本の健康食 再注目コミックエッセイ
     江戸の(おそらくは中期以降の食文化の)実相を描いたコミックエッセイである。
     江戸を彩った豊かな食文化を具体的なレシピを提示しながら描き、一年を通して四季折々の江戸の暮らしを紹介してくれている一冊だ。
     参考書籍のうち一冊を読んでいるはずであるが、そこでの記述を参考に描いている部分が多く散見される...続きを読む
  • 江戸めしのスゝメ
    昔の人が食べていた物に興味があって買った本です。

    お寿司の由来とか、昔は食べ物を手に入れりのに、たくさん歩いて買いに行ってたとか。

    いまの便利な世の中に感謝する気持ちと、もっと日本食を食べたい気持ちがわいてきました。

    大好きな一冊です。
  • からだによく効く 食材&食べあわせ手帖(池田書店)
    本書はとても見やすく出来ている。食材をカラー写真で紹介しそれに効果、説明、一口メモ等がつけられている。よくある食品紹介本と言えばみもふたもないのだが知りたいポイントがハッキリとまとめられていて部分的に読んでも「そうか〜」と思える。
    大きさもいい。ちょっと知りたい時に手にとれて疲れない。

    健康を保...続きを読む
  • 外国人にも話したくなる ビジネスエリートが知っておきたい 教養としての日本食
    「教養としての」と銘打つだけあって、日本食
    に関わるウンチクが満載です。

    「いただきます」という作法から始まり、様々
    な食材のルーツ、なぜこれを食べる習慣がある
    のか、などバランスよく日本食全般を学ぶこと
    ができます。

    「お通し」とは「注文は帳場に通しました」
    「料理ができるまで、これをつまんで...続きを読む
  • 「和の食」全史
    事実と主観の書き分けが曖昧だったり、古文の訳が怪しかったり、プロっぽくない日本語の紡ぎ方などが見受けられたりするのが少し気にはなるけれど、そういったものに対する自分の中のリテラシーさえしっかり保っておけば、縄文時代から現代に至るまでの日本の食にまつわる色々な知識や見解を知ることができ、大変興味深く読...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!