永山久夫の一覧

「永山久夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/30更新

ユーザーレビュー

  • 召しませ! お江戸ごはん 日本の健康食 再注目コミックエッセイ
     江戸の(おそらくは中期以降の食文化の)実相を描いたコミックエッセイである。
     江戸を彩った豊かな食文化を具体的なレシピを提示しながら描き、一年を通して四季折々の江戸の暮らしを紹介してくれている一冊だ。
     参考書籍のうち一冊を読んでいるはずであるが、そこでの記述を参考に描いている部分が多く散見される...続きを読む
  • 江戸めしのスゝメ
    昔の人が食べていた物に興味があって買った本です。

    お寿司の由来とか、昔は食べ物を手に入れりのに、たくさん歩いて買いに行ってたとか。

    いまの便利な世の中に感謝する気持ちと、もっと日本食を食べたい気持ちがわいてきました。

    大好きな一冊です。
  • からだによく効く 食材&食べあわせ手帖(池田書店)
    本書はとても見やすく出来ている。食材をカラー写真で紹介しそれに効果、説明、一口メモ等がつけられている。よくある食品紹介本と言えばみもふたもないのだが知りたいポイントがハッキリとまとめられていて部分的に読んでも「そうか〜」と思える。
    大きさもいい。ちょっと知りたい時に手にとれて疲れない。

    健康を保...続きを読む
  • 外国人にも話したくなる ビジネスエリートが知っておきたい 教養としての日本食
    ・おかわり
     通夜の席で、茶碗にご飯を高く山盛りにし、真ん中に箸を揃えて垂直に
     立てることを「一膳飯」と言う。
     ご飯を一膳だけで終えるのは、通夜を連想させるため、ご飯をお代わりする
     ほうが礼儀にかなった振る舞いとなっている。 

    ・お通し
     お通しは、客の注文が帳場に通ったことの証として提供さ...続きを読む
  • 江戸めしのスゝメ
    これぞ現代の予防食。プレケアにつながる。カロリーオフや糖質オフなど負のイメージではなく、積極的に昔ながらの食材、メニューを摂る事を推奨する。
    第四の消費にあったように「シンプル」「和回帰」の風潮があるため、これからの世代にとっては「江戸めし」と聞いて古臭いと思うよりも、逆に新しく、かっこいいモノ。自...続きを読む