「冨谷至」おすすめ作品一覧

【冨谷至】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/20更新

ユーザーレビュー

  • 韓非子 不信と打算の現実主義

    韓非→始皇帝→焚書坑儒。この図式は儒家にとって嫌悪するものでした。漢籍を学ぶもの(儒家)は韓非をことさら貶めてきました。

    韓非子のなかに老子が収録されているのも、ことさら法家(韓非子)の宣伝工作のようなものだと批判してきました。

    老子、韓非子の本文を精査するのではなく感情論が先行していたのではな...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 韓非子 不信と打算の現実主義

    紹介文に「その冷徹な思考は秦の始皇帝をも魅了し・・・」「究極の現実主義」などと書いてあって興味を持った。今まで全然知らなかったのだが、読んでびっくり、ロジカルですばらしい考え方だ韓非子は。これは著者の説明もうまいかも。 

    「君主は法に従って、臣下は法を師として、あたかもメジャーをあて、量を測るごと...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 韓非子 不信と打算の現実主義

     韓非は性悪説の立場に立っている。非違の行いを礼による徳化で矯正するとした 荀子の考えに対し、法によって抑えるべきだと主張した。

     徹底した現実主義者で現代の多様な価値観の中でも十分通用する内容をふくんでいる。

     自分の主張が自分の国に受け入れられず、敵対する秦の始皇帝に重用され、秦が大陸を統一...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集