中野孝次の一覧

「中野孝次」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/10更新

ユーザーレビュー

  • すらすら読める徒然草
    タイトル通りすらすらと読みやすいように纏められています。
    徒然草の全てが記されているのではなく、約4分の1が記してあります。
    原文と日本語訳が上下に載っているので非常に読みやすいですし、テーマ別に分けられているのもわかりやすさの助けになっています。

    今という一瞬・生と死というのが全体に流れるテーマ...続きを読む
  • すらすら読める徒然草
    有名だけどなどういう事が書かれているのか分からず興味があった。
    対比もできるし説明もとてもわかりやすい。
  • すらすら読める徒然草
    「つれづれ」という言葉の持つ響きとLet lt be的な意味合いの合致を全国民に決定づけさせた作品で、のわりには中身は知らない、ということで方丈記に引き続きこちらで。短く一文に悟りを込めることのありがたさに満ちていて、しかも本編は何ら順番を気にせずに書いていたというのもいい。それこそつれづれなるまま...続きを読む
  • すらすら読める方丈記
    原文を読みたくて借りたんで解説や現代語訳はざっとだけなんですが、著者も書いてるように、というか著者本人がまさに共感する一人ではあるんですが、世の中誰しもが方丈記にあるようなことを思っているかといえば、そうではない、ということを語ってまして、これはひきこもり的な視座があったことを表していると思います(...続きを読む
  • ブリューゲルへの旅
    教養主義盲信や戦争体験など、自らの精神誌に引き寄せたブリューゲル論。巻末の自作解題によれば発刊当時、美術史家からは辛辣な批評を受けたようだが、大正末期生まれのインテリの思考遍歴の記録として貴重。

特集