「佐藤健志」おすすめ作品一覧

「佐藤健志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/20更新

ユーザーレビュー

  • [新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき
    フランス革命は得るものもあったかもしれないけど、失うものも多かった。こういった革命は結果的に混乱を生んだだけだったんだろう。一方、日本の明治維新は奇跡と言っていいだろうな。
  • [新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき
    イギリスの「保守」に対する考え方の核心が分かる書物だと思います。

    基本的に、社会システムは論理だけでは設計できない、ということが強く主張されているように思います。

    なるほど、伝統や慣習ですべてを判断するのが問題がるとするならば、その対極にある論理ですべてを判断するのもまた同じく問題がある、という...続きを読む
  • [新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき
    急進主義をとことん批判した、保守主義の本。ものすごく面白かった。それにしても、いまの我が国の政局に当てはまりすぎて怖いくらいだ。バーク、恐ろしい子。
  • [新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき
    バークはフランス革命の個々の政策問題についても議論しているが、本質的には革命家達の気質や傲慢さ、愚かさを批判しているのであり、その指摘は革命的な政治変動一般に当てはまる。本書は抄訳であり、バーク保守主義を読みやすい普及版にすることを目的としているとともに、近年の日本の改革/革命ごっこ政権に対する批判...続きを読む
  • [新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき
    イギリス人は自由や権利を相続財産のように見なせば「前の世代から受け継いだ自由や権利を大事にしなければならない」という保守の発想と「われわれの自由や権利を後の世代にちゃんと受け継がなければならない」という継承の発想が生まれる。そしてこれらは「自由や権利を一層望ましい形にした上で受け継がせたい」という進...続きを読む