「佐々木典士」おすすめ作品一覧

「佐々木典士」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/06/14更新

ユーザーレビュー

  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    同時期に、その悩み哲学者が答えを出してますという本を読んだのですが、こちらのほうが私には響きました。読む前は、物を手放すプロセスが書いてあるのかなと思っていたのですが、それよりも著者の気持ちの変化のほうに重点が置かれており、ミニマリストについて理解が深まりました。
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    ミニマリストという言葉を通じて、人生に向き合う本。捨て方のノウハウも公開している三章だけでも参考になるが、それ以上にこの本を通読することで、何かを感じ取れることができるのではないかと思う。

    以下注目点
    ・買うのでは無く、借りると考える。
    ・土産はスナフキンにならって、見るだけ


  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    ●高坂勝さんの本で紹介するだけあって、著者の佐々木さんも同じような考え方、生き方をしている方。共感が持て、2018年の行動目標として、「モノを手放す。モノを増やさない」ことを取り入れようと思う。あとは「日々への感謝」を忘れずに。
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    ミニマリストの本の中でかなり好きな本

    物を減らすのは幸せの過程というのが
    すごくよかった。
    刺激をうけるメカニズム、慣れから飽きなど
    物をミニマムにする理由が納得できた。
    ミニマリスト以外にもたくさん勉強になることが書かれていて欲しくなったが、ミニマリストになりたいので我慢した。笑
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    この本を読むまでモノを持つ影響を深く考えたことはありませんでした。

    一時期ミニマリストブームが来ていることをうすうす感じていましたが、正直見向きもしなかったです。
    そんな生き方もあるけど好きなものにたくさん囲まれた方が幸せでしょと思っていました。

    読んだ後のぼくはこう考えます。

    「本当に好きで...続きを読む