佐々木典士の一覧

「佐々木典士」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/06/14更新

ユーザーレビュー

  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    いい言葉がたくさん出てきた本でした。
    今の自分に必要かどうかを精査する(分からなければとりあえず手放す)というのは、確かに自分の人生を確かなモノに変える方法だろうと思いました。
    現在育児中なこともあり、旦那と子どものものでごった返している我が家ですが、私も元々モノが多いのは好きではないので、家族と相...続きを読む
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    5年の歳月を経てようやく感想を書きます。

    こんまり先生の本を読んで衝撃を受け、佐々木さんの本を読んで二度目の衝撃を受けたことで、僕の人生は見事に変わりました。

    この本はミニマリストとしての「思想」が集約されています。読み返して、本当に自分の思想の大きな部分を占めているのだなと感じました。

    朝の...続きを読む
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    貧乏だったので元々物が多いわけではなく、部屋にある多い物と言えば本がほとんどで後は安い雑貨くらいでした。
    ※本棚の本は半分は読まずに買って並べて満足していた。

    28歳あたりから自分の好きな物を少しずつ買えるようになり一気に物が増え、部屋は物で溢れました。
    洋服・家具・家電・インテリア・アート・本・...続きを読む
  • ぼくたちは習慣で、できている。
    習慣に関する本やセミナーが活況を帯びる中、著者の試行錯誤と脳科学の知見や心理学のエッセンスが絶妙に体系立っていて読み応えがある。DoingからBeingの次元にまで発展し、ロジカルに相反する部分もあるが、それこそ、今ここのBeingを追求した証。
  • ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -
    物を捨てることによる副次的な産物について勉強できたので良かった。
    1、必要な物だけのミニマルな生活は今あるものに感謝出来る。自然と情報の断捨離も出来る。必要のない物に囲まれている生活では感じられないことである。
    2、人との繋がりを減らすことによる精神的な開放感。物と人間関係は似ている。1人でいる時間...続きを読む