小林快次の一覧

「小林快次」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/14更新

ユーザーレビュー

  • ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記:ハドロサウルス発見から進化の謎まで
    非常に面白かったです。ノンフィクションですが、上質のミステリを読むようなドキドキ感がたまりませんでした。ワールドサイエンスニュースで見ていただけなので日本でどれぐらいフィーバーしたかはわからなくてとても残念ですが、それはそれはすごかったであろう想像しています。学名の入ったペーパーを読むのがものすんご...続きを読む
  • ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記:ハドロサウルス発見から進化の謎まで
    単に時系列を追うだけでなく、プロジェクトに関わる各個人のバックボーンにまで踏み込んだスタイルを含め、一体の恐竜化石の発掘記というスケールには収まりきらない面白さを持つ一冊だった。
    海棲爬虫類や翼竜は恐竜のカテゴリーには含まれないという薀蓄を始めとする、古生物や地学、化石発掘などに関する知識も分かりや...続きを読む
  • ぼくは恐竜探険家!
    新進気鋭の恐竜学者の自伝。ふとしたことから化石採集にはまった少年が、紆余曲折を経て、「恐竜探検家」となるまでが、等身大に描かれている。小中学生向けっぽいが、大人が読んでも楽しめるし、ためになる。恐竜という対象の魅力、また、(恐竜研究に限らない)研究職の面白さが伝わってきた。「人は段階的に成長する」と...続きを読む
  • ぼくは恐竜探険家!
    小林先生が恐竜博士になったきっかけがわかる本。
    先生に勧められて、博物館の発掘ツアーに参加して、なんとなく断り切れなくて…
    そんな流され流され続けて行った恐竜研究だったけど、このままなんとなくでいいのか?と思った。
    そこで、英語を猛勉強してアメリカの大学に入り直す。
    何回も何回もダメ出しされても、へ...続きを読む
  • ぼくは恐竜探険家!
     日本の恐竜研究者で、今もっとも熱いのが、この小林快次北大准教授である。ムカワ竜という日本で初の恐竜全身骨格を発表したときの、日本でもこんなに立派な恐竜がいたんだ!という衝撃は誰もが感じたことと思う。
     本書は、恐竜の紹介本ではなく、恐竜研究者である小林快次氏の自己紹介である。おそらく、恐竜研究者に...続きを読む