杉森久英の一覧

「杉森久英」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/29更新

ユーザーレビュー

  • 天皇の料理番 上
    主人公に寄りそってすらすら読める。畳間では、タイトルの通りにはなっていない。下巻が楽しみ。自分のやりたいことに、どこまでもまっすぐで、でも視野がせまいわけではなく、まわりを見ながら立ちふるまうことができるのは、生まれ持った才能だと思う。
  • 天皇の料理番 下

    TVの脚本もいいけど

    原作はさすが。
  • 天皇の料理番 下
    上巻に引き続き下巻もサクサク読めてしまう。
    下巻は篤蔵が精養軒勤務を経て、いよいよパリへ料理修行に向かう。当時は料理修行のための留学は前代未聞。
    篤蔵の情熱的な向上心がヒシヒシと伝わってくる。
    留学中のエピソードはなかなか秀逸。

    留学を終え、ついに宮内省出仕。厨子長に任を拝命する。普段天皇・皇族が...続きを読む
  • 天皇の料理番 上
    天皇の料理番(厨子長)を務めた秋山徳蔵の伝記小説。
    主人公の高森篤蔵の立身出世物語。篤蔵に肩入れして読むと、非常に男の出世欲をくすぐるようなお話。
    「負けじ魂」が痛快。
    篤蔵が故郷越前武生を出て、華族会館・「バンザイ軒」を経て精養軒で働くまでのお話が前編。
    サクサクっと読めてすぐに後編を読みたくなっ...続きを読む
  • 天皇の料理番 上
    相手をよく観察して、一歩先を読んで先に準備をしておいて、相手の技術を真似る……
    できたら素敵だなぁ、とは思うけど、篤蔵みたいにはできんよなぁ。
    篤蔵にはそれができたからこそ天皇の料理番になれたんだろうけども。

    料理の発展の様子、街の風俗・習慣が細かく説明されているから想像で補いながら読みやすいです...続きを読む

特集