滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

明治末から大正にかけて『中央公論』主幹を務めた滝田樗陰。低迷する雑誌に文芸欄を設け文壇の登竜門にまで押し上げ、吉野作造を起用して大正デモクラシーの時代を招来した、名編集者とその時代を描く。巻末に吉野ほか谷崎潤一郎、芥川龍之介、菊池寛、山本実彦による追憶記を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
259ページ
電子版発売日
2017年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています