【感想・ネタバレ】天皇の料理番 上のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年11月12日

主人公に寄りそってすらすら読める。畳間では、タイトルの通りにはなっていない。下巻が楽しみ。自分のやりたいことに、どこまでもまっすぐで、でも視野がせまいわけではなく、まわりを見ながら立ちふるまうことができるのは、生まれ持った才能だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月28日

天皇の料理番(厨子長)を務めた秋山徳蔵の伝記小説。
主人公の高森篤蔵の立身出世物語。篤蔵に肩入れして読むと、非常に男の出世欲をくすぐるようなお話。
「負けじ魂」が痛快。
篤蔵が故郷越前武生を出て、華族会館・「バンザイ軒」を経て精養軒で働くまでのお話が前編。
サクサクっと読めてすぐに後編を読みたくなっ...続きを読むた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月07日

相手をよく観察して、一歩先を読んで先に準備をしておいて、相手の技術を真似る……
できたら素敵だなぁ、とは思うけど、篤蔵みたいにはできんよなぁ。
篤蔵にはそれができたからこそ天皇の料理番になれたんだろうけども。

料理の発展の様子、街の風俗・習慣が細かく説明されているから想像で補いながら読みやすいです...続きを読む
吉原で振られる理由が今では考えられない理由でかわいそうだったけど、新しい概念が入ってきたときはみんなそうなるよなぁ、と思ったり。
個人的には田辺軍曹が好き!
今のところ、喧嘩しかしていない篤蔵ですが、どうやって天皇の料理番まで上り詰めるのか……後半も楽しみです。

篤蔵役は佐藤健ではないと思うんだけどなぁ(笑)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月17日

書店をウロウロしていたら、平積みされていたのを発見。ドラマCMを観て面白そうと思っていた&作者が同郷という単純な理由で購入。
上巻、あっという間に読破。

主人公は頑固で真っ直ぐで人に取り入るのが上手、素直な面も持ち合わせている(これら、良くも悪くも)
1人前のコックになりたい!その揺るぎない強い情...続きを読む熱を胸にどんな事も吸収するし、勉強するし、チカラを注ぐ。そんなひたむきな部分と熱中できる事があるのは、読んでいて何とも羨ましく感じる。プラス、主人公の人生を変えるキーパーソン達との出逢いも、その情熱が引き寄せたもののように思える。上巻の最後の方には今も老舗として名高い精養軒でも修行する事に。

引き続き、下巻でも主人公がどのようにしてサクセス・ストーリーを歩んで行くかが楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月24日

TVドラマか何かで話題になっていたので、いつか読んでみたいと思っていた一冊。週末に風邪を引きこんで、ずっと布団の中にいたので、その間の暇潰しに読んでみた。

『村上信夫 私の履歴書』も面白かったが、戦前戦後あたりの西洋料理人の話というのは面白いものだ。あの時代にあって、腕一本で勝負する世界に乗り込ん...続きを読むでいく男達の気迫が感じられるからかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月12日

テレビドラマをきっかけに興味を抱き読んでみました。

初代主厨長の秋山徳三さんをモデルにしたフィクションで、
篤蔵の人間臭さや時代背景なども相まって
魅力の多い読み応えのある作品です。

秋山さん御本人とはやはり多少印象は変わりますが
仕事に対する考え方や潔さなどが面白く、
天才という人間の紙一重さ...続きを読むなどをまざまざと感じます。

食に対しても今一度襟を正せる内容かと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月19日

2015年に読んだ本。
ドラマは昔のも見たので、どんなもんかと原作を読んでみたら、今回のドラマの方が意外と原作に忠実な部分もあり・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月24日

主人公の努力と才覚で成り上がる物語は痛快。

ただ女性に対する扱いは、あまり良いもんじゃない。
時代も価値観も違うので当たり前ですが。

2015 10 24

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月15日

直向きに料理に打ち込む姿は素晴らしいと思った。如何に才能のある人間でも努力しなければ開花しないお手本のようなもの。
ただ、妻が可哀相だった。クズ男。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月15日

面白かった。
篤蔵が才能だけでなく、
努力で成り上がっていくのがいい。
今の世の中、
情報過多で未来の予測が立てやすい。
だから、夢を見づらくなってしまったのですが、
ぜひ生徒には大志を抱いて突っ走ってほしい。
もちろん口だけじゃダメ。
努力もできる人であってほしい。

がんばれ、若人。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月27日

努力が報われた物語。
腕一本でのし上がって行く姿がすごい。もちろん順風満帆ではなく、様々な困難を超えて。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月02日

ドラマがとても面白かったので、原作読んでみました。
ドラマ以上に面白い。
明治の時代の背景とともに裕福な家庭で育った篤蔵がゼロからはじめる料理人の世界。
佐藤健君なら、ただ突っ走るだけのドラマの中の篤蔵では無く
原作の思慮深く野心強い篤蔵の方も上手に演じたと思う。
最近のドラマは三か月で終わらせるか...続きを読むら、端折り単純なお話になってしまうけど
こういうおはなしをじっくり大河のようにやれば、良いドラマになるのになぁ
などと考えながら、下巻にいきます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月31日

佐藤健が出ていたドラマがすごくおもしろかったので原作を読んでみた。篤蔵の性格がおもしろおかしく書かれていたのはドラマのほうだったが本を読んでみると当時の日本の風景がわかってよかった。妻のおふじが訪ねてきた話、吉原の話がでていて明治で妻がいてもこんな時代だったのかと改めて思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月14日

ドラマ化されてヒラ積みされていたため購入。主人公の歩みが面白いだけでなく、筆者の書き方がとても読みやすくつるっと読める。他の本も読みたい。
主人公がまだ洋食が珍しい時代に、こつこつと仕事をしながらも自分がよりよくなるための修業先、フランス留学と志を形にすべく自分の道を切り開いて、修行していく様子が勇...続きを読む気づけられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月12日

佐藤健の好演でいいドラマになってるものの原作。まだ東京で経験を積んでいるところまでですが、ドラマは要素を取り出して、話を大きくしてたんですね。確かに原作のままのドラマにしても面白くないかも。結構料理人の歴史的(?)な説明が多い。篤蔵は自己中ではあるけど、ドラマほど極端ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月11日

ドラマで知って、読んでみた。
田舎の村から飛び出して店を2件クビになって、精養軒で働き始まるまで。
修行中の姿勢とそれ以外の姿勢がまるでちがうひとだったみたい。ドラマの方が美化されている。
料理人は今ほど尊敬されておらず端くれ者の吹き溜まりだったことは知らなかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月24日

☆2015年5月22日
現在ドラマ放映中の原作。
1979年初版発売、翌年、堺正章主演でドラマ化。
そのドラマを、大変印象深く見ていた。
華族会館修業時代の同僚が明石家さんまと加賀丈だったことは完璧に忘れていたけれど、研究熱心で破天荒な料理人の立身出世物語に、子供の私でも夢中になった。
原作は、わり...続きを読むと淡々としている。
修業する人の心得みたいなものが分かりやすく書かれていて、そのへんが特に面白かった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年05月08日

ドラマ化ということで読んでみました。
西洋料理に衝撃を受けて東京に出て料理人を目指す話。篤蔵のまっすぐすぎる性格から多々人とぶつかり、お店を転々と変わるも(ここがドラマでは端折られてる?)、周りの人に助けられ成長していく。上巻ではまだまだ下積み時代といった感じ。下巻でどうなるのか楽しみー。
個人的に...続きを読むはもっとおふじに気をかけて欲しかったんだけど。。。ちょっとかわいそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月06日

味などの秋山徳蔵さんのエッセイが好きだったこともあり小説も購入。天皇の料理番になる前に、こんな破天荒な青年時代があったことに驚き。明治から昭和にかけての時代の空気感なども伝わってきて興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月04日

TBSの初回2時間スペシャルが面白かったので読んでみました。細かい設定は違うんだけど、篤蔵さんの破天荒ぶりは面白い。当時の日本の西洋料理人の世界が垣間見える。

このレビューは参考になりましたか?